このサイトについてタイトル
このサイトは?
1998年の12月6日に佐野元がオープンしたサイトです。今は、「佐野が仕事や個人で描いた絵」を載せたり、佐野の活動を紹介するサイトになっています。
挿絵1
始めた頃の「なごむアトリエ」
挿絵2今はそんな感じのサイトですが、始めた頃の「なごむアトリエ」は、「なごむ」をテーマにして絵やアニメーションや写真や文章で、見ている人に楽しんで貰うという、「全体が作品」のように作っていたサイトでした。
そもそもサイトを始めた理由
どうしてそんなサイトだったのか? というのには理由があります。

「なごむアトリエ」をオープンする以前は、友人と二人で「スタジオハルツ」という名前で、CD-ROMの形で販売をするマルチメディア作品を作っていました。その中で企画を立てたり、簡単なアニメーションを作ったりして、作品を制作していました。しかし、その活動が終わることになり個人で活動をすることになった時に、それまでの作品作りの延長の形で、「絵や簡単なアニメーションを活かした、見て触って楽しめるサイト」として始めたのが「なごむアトリエ」でした。
挿絵4
その初期の「なごむアトリエ」でやっていたこと
挿絵なごむくんなごむちゃんそんな思いで始めた初期の頃(2000年代初めごろまで)は、見て楽しんでもらう為の小さなアニメーションを幾つも作ったり、身近な周辺のアレコレを頻繁に写真に写して載せたり、プリンターで作った手作りのグッズを販売したりと、熱心に手を加えていました。

それから、「なごむくん (体のある方)」と「なごむちゃん (体のない方)」という「なごむアトリエ」のキャラクターを作り、サイトのあちらこちらに登場させたり、ダウンロード用の壁紙にしたり、販売用のポストカードに使ったりしていました。

また、当初の数年は、ネットの中で個人のサイトが盛り上がっていた時期だったということもあって、「なごむアトリエ」を通じて多くの人と繋がったりして盛り上がったりもしました。
その後の色んな変化
挿絵7しかし、2000年代半ば頃から、個人サイトの盛り上がりも次第に静まっていき、一般的な発信の手段も「ブログ」へと変わっていきます。また、「mixi」や「Twitter」などのSNSが、個人が情報をやりとりする中心になっていき、その後のFaceBookに繋がっていく流れになります。そして、ネットの世界も次第に複雑になっていき、見知らぬヒトに不用意にメールを送ったりするような幸せな時代も終わっていきます。

一方、佐野の個人的な流れとしても、この時期に雑誌のイラストを描くようになり、思いが「手描きの絵を描く」ということにどんどん移っていき、数年かけて気持ちも変化していきます。1990年代にやり始めて「スタジオハルツ」の頃を頂点に熱心にやっていた「パソコンでコンテンツを作る」ということから、少しずつ気持ちの重心が離れていきます。
今の「なごむアトリエ」
挿絵6で、2012年頃から、「なごむアトリエ」のトップページを、今の気持ちに合うような「描いた絵を中心」にしたものに、少しづつ変えていきました。

そして今、この「なごむアトリエ」は、
佐野が仕事で描いた絵や、個人的に描いた絵、そして昔に描いた絵なども含め、そういったものを中心に載せていくサイトになっています。
が、今も残している昔からのもの
だからと言って、昔あったものをバッサリと無くしてはいません。

●まず、「なごむくん」と「なごむちゃん」は、今もこのサイトのマスコットとして存在しています。

●それから、昔作った「なごむアトリエ」のコンテンツも残しています。
トップページからのリンク「昔のなごむアトリエ」で、今もほぼ全て見ることが出来ます。

●それから、オープンした当時は今とURLが違っていて、その後「sanogen.com」に引っ越したのですが、そのオープン時のURLには、ずっと記念碑を置いています。
こちら↓
http://www.kh.rim.or.jp/~sanogen/

挿絵5
その他の「なごむアトリエ」のこと。
そして、

挿絵8●「sanogen.com」の一番上の階層のページ
 これは「sanogen.com」に移ってからのものですが、「なごむアトリエ」のURLの、さらに1つ上の階層にあるページです。つまり、http://www.sanogen.com/だけで出てくるページですね。このページに使われている写真は、佐野の仕事部屋でもあります。
こちら↓
http://www.sanogen.com/

●「なごむアトリエ」のリンク用バナー
もう使うこともなかなか無いかもしれませんが念のため。

以上、今はこんな感じです。(2015年1月現在)
 
 
モドルボタン

(C)Nagomu-Atelier / Hajime Sano