********「なごむアトリエ」足あと通信 VOL.008********
         --<2003年春と夏のはざま・もうすぐ梅雨つゆ号>--

こんにちは。
もしくは、
こんばんわ。

5月になってからのここ神戸は、
どんよりドヨドヨなお天気が多くて、
「カラッとすがすがしいお天気」が持ち味の5月らしからぬ、
そんな日々が続いたりしていました。

で、ようやく晴れな日が続くかなぁと思っていたら、
台風がきちゃいました。

ホント、この2003年に入ってから、
なんだか雨が多いような気がしてます。
みなさんのところはどうでしょう?
「なごむアトリエ」の佐野です。

今回のこの足あと通信。
春の号は、いつもは4月くらいにお送りしているのですが、
このたびは発信をちょっと遅らせていました。

というのも、
今号は「なごむSHOP」のリニューアルが終わってからの発信にしようと、
ココロづもりしていたからなのですが、
ようやくそれも終わりました。

で、
せっかくなので、今回はいきなりアタマから、
こんな場所にリンクを貼ってしまいます。

★「なごむSHOP」、リニューアルしました。

http://www.sanogen.com/nagomu/shop/shop.html

 ※ハンコやシールなどの新しいものも加わったので、
 よかったらのぞいたりしてみてみてみてください。

です。


さてさて、
ということで。

いつもメールを下さるみなさん、お元気ですか?
定型文でごめんなさい。
しばらくぶりのみなさん、お元気ですか?
お久しぶりです。

またしてもこのとおり、
いままでメールをいただいた方々に向けて、
半年に一度くらいの割合でその間に更新したところをお知らせする、
"「なごむアトリエ」足あと通信"が、
「ひょっこり」とやってきました。

去年の11月ごろ以降にお初メールをくれたみなさんには、初のお目見えですね。
こんにちは。
いきなり一方的にメールを送り付けてごめんなさい。


「足あと通信」も、
今回で8号目。

なんとか今号も発信です。
いつまでこういうコマメな事が出来るかどうかはわかんないですが、
とにかく可能な間はウリャウリャとやるつもりの、
せめて13号くらいまではなんとかいきたいですなぁまったく、
な、キモチです。

ほんっとにあきれるくらい、長々とお送りしますが、
時間があれば読んでください。
そして見ていないものがあれば、もしよければ、
おヒマな時にでも寄りにきてください。


さて、
「なごむアトリエ」も去年の12月で丸4年を越えて、
5年目に突入しました。

ほんとに、「あっ」ちゅう間です。
あまりに早いのでつい、
「いっ」とか「うっ」とかまで言ってしまったくらいです。

で、その間に、
まぁ少しずつヨノナカやネットの世界や、自分のキモチや事情のアレコレも、
ビミョーに変化したりもしているので、
今、ちょっと、「なごむアトリエ」全体を見直したり整理したり、
し始めています。

今回の「なごむSHOP」リニューアルも、
そんなこんなのウチの1つだったりするのですね。

もしかしたら、この「なごむSHOP」のリニューアル、
「むむっ、佐野もとうとう作品つくりよりも、商売っけを前面に出すのか?
 いやだなぁ、なんだかちがうなぁ、いやなヨノナカになったなぁ」と、
チラリと思った方もいるかもしれません。

しかし、
そーゆーワケでもないんです。

いや、あそこはねぇ、
前から、「ちょっとちゃんと触っておかねばねばねばなるまいよ」と
思っていたところなんです。

他のところもいろいろとやりつつ、
できるだけ手間をとられないように、
「ふっ」と思いついた時に思いついたグッズなどを、
臨機応変に出せるように、前々からちゃんと触っておきたかったんです。

もちろん、「なんやかんやとグッズを作って出す」というのがオモシロくなっている、
というのもモチロンあるんですが、
あくまでも「なごむアトリエ」の基本は、作品作り。
そのためのリニューアルでもあったんです。

で、この流れで、
「なごむアトリエ」全体や、
それぞれのコーナーのレイアウトや仕組みなど、
触れるところはちょっとさわっていこう、と、
思っています。今年これから半年くらいかけて。
もちろん、今のイメージは出来るだけ無くさないようにそのままに。

そんでもって、
その合間に、ペースは遅くても、アチコチの新作も、
出来ればやっていこかな、なんて思ってます。

まぁ、ともあれ、
あんまりあせらずにぼちぼちとのほほんと、
ペースを落としたり、時にはあげたり、はたまたさげたりひきずったり、
自然な感じにしながらも、しかし確実に「テクテクテクテクテク」と、
だけど、時には「うおーーっ!!!」とコブラツイストでやっていきたいと思うので、
ヨロシクお願いします。


ではでは、恒例の「少しだけお話を」です。

実は今回のこの通信のこの「少しだけお話を」のところ。
このたびはちょっとコマッテいました。
そう、まったく何も書くことが思いつかなかったのです。
それも今日、5月31日になってもです。
でも、どうしても5月中には発信しておきたいし、
おまけに早く片づけないと他にもなんだかんだとするべきコトはあるし、
「うーん、何を書こうか書こうか書こうか書こうか」
キモチばかりが焦ってイケマセン。
で、
そんな時はキブン転換です。
最近こんな時に利用するのが、歩いて十数分くらいのところにある、
住吉川です。
スケッチブックか紙、そしてペン、ヨユーあったらデジカメなどもって、
テクテクと歩いていきます。
そして着いたら、その川のほとりに座って、缶コーヒーなどをプシュッと開けて、
水の流れる音を聴きながら、お日さまを浴びて風にあたって、
ぼっと川やその周りを見ながら、考えるでもなく考えないでもなく、
ちょっとの時間過ごします。
そんな風にしていると、ふっといい考えがうかんだりするのです。
もちろん、結局なーんにも浮かばない時もあるのだけれど、
それはそれで、キモチの方は、水のイオンと太陽の光と頭上の青空のせいか、
すがずかしくなって、キブンも一新、「さぁ帰ってとにかくしましょーか」
というキモチになったりするのです。
ので、
今日も、昼の食事に外へ出て、そのあと住吉川のほとりに出かけました。
昨日の予報では、台風の影響で暴風雨圏内に、ということでしたが、
なんのことはない、めちゃくちゃ天気です。
しかも、台風の名残りはちゃんとあって、いつもよりも風があります。
キモチのいい絶好のコンディションです。
さぁ、考えるぞぉ、なんて意気込んではイケマセン。
あくまで、だらーっとリラックスして、川のほとりの石段に座って、
サントリーの缶コーヒーなんかパキョッと開けたりします。
ゴクゴクゴク、うーん、いい天気です。
しかも、上空は風がかなり強いのか、雲がぐんぐんと北東に流れていきます。
目の前の川向こう(といっても感覚的にも間隔的にもほとんど目の前)には、
バブルの末期に出来たオオゲサな億ションがエラソーにそびえていますが、
その建物のてっぺんの後ろを雲がどんどんと左に飛んでいきます。
「うーん台風のコトを書こうか」ふと思います。
しかし、ハナシとしてはちょっと弱いです。
しかも「なごむアトリエ」にまつわることにからめることがちょっと困難です。
「じゃぁ、空の写真を載せているから空のこと、流れる雲のこと」、
しかし、これもイマイチです。それに、流れる雲ならば動く写真にして見せた方が、
オモシロイ(これはさきほど実際にやって、「神戸のほほん〜」にアップしました)
仕方がないので、川の流れなんか見たりしてキモチをなだめます。
ザザザサザザザザザサザサ、チョロチロチラチロ。
ふと見ると、川のアチコチで茂っている草の上を、
ひらひらひらりとモンシロチョウが2匹飛んでいます。
チョウは独特の飛び方をします。ぼっと見てました。
「そういえば、今、カッパ沼にチョウが出ているので、
そこからハナシを進めてチョウのことを書こうか」
そう思います。
「チョウは、体のサイズの割に、ちょっとヘンなくらいに大きな羽があるから、
あんな飛び方になるんでしょう。ハチの羽は見るからに軽そうだし、
鳥の羽は重たいとは思うけれどその分ささえている筋肉が強そう。
けれどチョウは、
浮力はあるが半端に重たい羽、であるがゆえに、
それをささえる体はあんなに小さい、であるがゆえに、
あの、落ちては浮かび落ちては浮かび、てな感じの
ひらひらカクンカクンとした飛びかたになるんでしょうね」
なんて文章を思いついたりします。
けど、
「それがどうした。それに気がついたという自慢ですか?」なハナシなので、
「うーん、これもだめだなぁ」と思います。
おまけに、確かチョウの正しい数え方は、「匹」では無かったはずです。
それがすぐにはわかりません。調べるのも面倒です。
仕方がないので、川上に目をやって、雨上がりのせいですぐそこにあるかの様に見える、
山に目をやったりします。六甲山です。
ここ神戸というのは、実に、山と海がくっついています。
その間の横長の平地にヒトや犬や猫やイノシシが、びったりとはりついて暮らしています。
だから、川のほとりに座って山を見ると、
「あぁ、あそこから水が流れてきているんだなぁ」なんて実感できます。
そんな風に思いながら山を見ます。
緑がキレイです。ほんと、新緑の季節という感じに青々としてます。
「うーむ、あの山は、ずーっと前からあそこにあるんだなぁ。
この川も多少カタチは換えつつも、ずっとここにあったんだなぁ」
なんて思います。
「そうそう、山はずっとそこにある、というハナシにしようか」
なんて思います。
しかしダメです。この手のハナシはけっこういままでもアチラコチラで書いてます。
「またそのハナシなん?」と自分でも思うのでこれもダメです。
おまけに、ユカイさがあんまりありません。
うーむうーむ、と思いつつ前を見ます。
すると、飼い主と一緒に散歩中の犬が、向こう岸を海岸の方へ向かって歩いていきます。
犬はどうしても川の中に入りたいのか、さかんに体を川方向に向けます。
しかし、その度に、飼い主にグイッと元のコースへと引っ張られます。
犬は「え?ダメ?ダメ?」と飼い主の顔を伺ったあと数歩あるきますが、
またまた欲望はおさえきれず、川に向かっていこうとします。何度もそれを繰り返します。
「うーん、彼を川にいれてあげたい」
そんなことを思います。
で、「おっ、これを書こうか」とすくさま思います。
しかし、イヌのハナシも、さんざん書いてきました。
それを承知で書くには、このことはちょっと小ネタすぎます。
またしばらく川をぼんやりとながめます。
チョロチョロチョロチョロ、ザブザザジャジャジャ。
サントリーの缶コーヒーをゴクゴクゴク。
すっ、と、目の前を何かがかすめます。
「ん?」と思って目で追うと、ツバメです。
水面ギリギリを飛んでいます。
「虫を捕っているのだろうか?」と思います。
「うーん、ツバメなぁ、ちょっとなぁ」
今度は、書くことすら最初からあきらめてます。
「どうしてツバメの尾っぼは割れているのか?」
そんなコトも考えてみますが、知りません。
ダメです。
「アカンなぁ、今日は」と、
とうとう、考えるのはヤメて、上の石段にヒジをあずけて、
上半身をさらにダラッと後ろに倒し、ますますリラックスモードに入りました。
で、「まぁ、いいっか」とボンヤリと周りを見ます。
相変わらず空の雲は、どんどんと北東の方へとすっとんでいきます。
川はやっぱり山の方から流れてきてチョロチョロザブブとやってます。
草は風でわさわさと揺れて、その上をまだモンシロチョウがひらひらカクンカクンです。
ちょいとみるとスズメがチチチと石段にいたりします。
ほんとうに、ぽかぽかとした初夏の午後。
うーん、キモチいい。
ふと思いました。
「しかしまぁ、いつもいつも何かモノを生んでいくというのは、
実は時にはとってもしんどいけれど、
その為にこうしてこういう時間を過ごしているというのは、
それはそれでシアワセかもしれないなぁ」
と。
で、その時、あっ、と思いついたのです。
「そうか、これをこのまま書けばいいのかぁ。そうかそうかぁ」
倒れていた上半身がムクリっと前に起きました。
「つまりは、これは、ヒジョーに、なごむアトリエにまつわるハナシではないか」
そんな天使のささやきがアタマの中で流れました。
「これをそのまま書けばそれだけでかなりの行数かせげるねっ」
そんな悪魔のささやきもノーミソの中をかけめぐりました。
一挙に解決です。
ボクはすっくとたちあがり、
サントリーの缶コーヒーを飲み干して、
川のほとりから階段を上がって道路に出て、
テクテクテクと歩いてこの部屋へもどり、
チョットアレコレしたあとに、
今、これを書いているのです。
さて、
その後、
夕方から、
あんなに快晴だった空も一挙に曇って、
外は雨がザンザンと降っています。
今、
「あのツバメの低空飛行は、虫をとっているためだったのか、
それとも、雨の予兆だったのか」
そんなことを、
ふと考えています。


そんなこんなです。

では、11月以降の足あとをどうぞ。


-------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------
「なごむアトリエ」
http://www.sanogen.com/nagomu

<2002年11月〜2003年5月までの足あと>

 [全般的なコト]

 ※ 11月26日から1月まで、オリジナル2003年版スケジュール手帳の販売をしました。
   70冊完売しました。今年もベースの手帳が入手できたら、販売したいと思います。

 ※ 1月13日に、「メールを送りたいあなたへ」の「ときどき更新アンケート」を新
   しくしました。今回のアンケートは、「今日のメインのフライは?」。

 ※ 3月から、「なごむSHOP」を「ちょっとずつ公開リニューアル」。
   5月25日に、無事リニューアルが完了しました。
   ハンコやシールなどの新しいグッズもお目見え。

 ※ 毎年4月1日にタイトルページで行っている「エイプリルフールイベント」。
   今年も無事決行。今回は「神戸にカフェをオープンします」というウソを、
   合成写真つきで。あまりにリアルだったので、「すっかり信じてしまって、
   ウソだと解った時にはちょっとカナシかった」という意見も多々あった、
   少し罪つくりなウソでした。

 ※ 4月5日から、トップページからのリンクで「あさがおキャンペーン」をしてました。
   去年、佐野がとりつかれたように育てて「神戸のほほんなごみ通信」で報告した、
   あの「あさがお」のタネを希望者に配布。南は福岡から北は新潟、
   遠くはロンドンにもらわれていきました。
   その後、あちこちから、「芽がでました」と報告も届いています。

 ※ 去年からはじめた、2つの雑誌へのイラスト掲載。
   「スーパークロスワード」と「MacFanビギナーズ」。
   今も引き続きやっています。毎号その報告も「なごむプレゼンテーション」にて。

 ※ タイトルページの右上に、「+α(β版)」というコーナーをひっそりと作りました。
   これ以上のことは書きません。そんな、コーナーです。


---「神戸のほほんなごみ通信」------------------------------------
http://www.sanogen.com/nagomu/tsushin/tsushin.html

佐野のまわりのここ最近です。随時更新しています。

 ●今年に入って、「神戸の空もよう」の背景が新しくなりました。
  98〜99年にも写していたマンションをもう少しアップ目で。

 ●11月にしゃれたラジオを、3月には中華ナベをゲットしました。

 ●今年の「植物」は「ふうせんかずら」です。すくすく育っています。

 ●最近、「動く写真」を載せたりしています。
  いままで、「半径1Km」のところで、中華ナベが揺れたり、ネコがうなずいたり、
  川が流れたりしました。
  そして今は、「空模様」で雲がずんずん動いてます。
  これからも、いろいろするやもしれません。

 ●新しいデジカメがまた参入。もう1台のものよりは小さく軽く、
  機動力が増しました。

 ●予定外に、今年も「ほおずき」が育ってしまいました。
  ので、「半径1Km」のところで報告中。
  去年までに比べて早くも花が咲いてたりしてますが、
  そもそもこのくらいがホントなのでしょうか?
  もしかしたら、今年こそ、ちゃんとした実が出来るかもしれません。

 ●シロはいまだに見つかりません。ザンネン。


---「なごむアミューズメント」-----------------------------------------
http://www.sanogen.com/nagomu/amuse/amuse.html

●「カッパ沼」
 http://www.sanogen.com/kappa/kappanuma.html
 去年、冬になっても何故か残っていたフシギな花も、
 12月に入ってようやく枯れてデッカい実をつけていました。
 そして、年末あたりにカッパがそれを食べてしまったようです。
 おいしかったのでしょうか?
 その後、手ぬぐいをしているカッパとしていないカッパが同時に出たり、
 正月には風に吹かれていたりしたようです。
 2月以降は出たというウワサも聴かないのですが、
 沼の方は春になって花も咲き、満開。チョウも飛んだりしているようです。
 そして、今現在はどうなのか?
 どうなのか?
 どうなのか?
 どうなのかー! さぁさぁ!
 とにかく、
 カッパはほんと、ある時気まぐれに出てきますから、
 みなさま油断することなく、沼を訪れてみましょう。
 そう、
 ちゃんと時々見に言ってみることじゃ。わかったかのう。

●「記録・うふふ日本」
 以前、スタジオハルツのホームページ『HARZ GARDEN』にあったコーナー、
 「うふふ日本」を、「記録・うふふ日本」として、11月9日、こちらにすべて移しました。
 1996年から2000年までに、佐野やその他の人たちが書いた、
 「日常的なアレコレ」をうふふとつづった文章達です。
 読み物としてどうぞ。

●「なごむアトリエ50年のあゆみ」
 2月2日に、2002年分を追加しました。
 去年、ヨノナカにあった出来事や、流行ったものも記録しつつ、
 「なごむアトリエ」の中で行われたことを、あゆみとして残しています。
 「ワールドカップは憶えているけど、冬季オリンピックも去年だったかぁ」とか、
 「なごむアトリエがテレビでちょっとだけ紹介、なんてコトもあったのねぇ」なんて思い出しながら、
 見てください。
 
●「iモードのページから」
 1月25日に、2002年分を追加しました。
 去年1年間、「iモード専用ページ/iモードからこんにちわ」の中に書いたもの
 全てから、毎回分のオモシロどころを抜き出して掲載しています。
 ばかバナシ、共感する身近なハナシ、時にはタメになるハナシ。
 読み物として読んでください。
 
○「季節のなごむ」
 新作は出ていませんが、
 今、公開しているのは、
 ・春のなごむ「それぞれの発芽」(2000年制作)
 です。

○「かべ紙」
 新作は出ていませんが、
 現在、ダウンロードしている「季節のかべ紙」は、
 ・「春のかべ紙CHUN-CHUN 花さいておこった」(2000年制作)
 です。

○「こんなあなたに」
 他の「方言バージョン」を作って参加してくれる方もひきつづき募集しています。
 「よし、ワタシのところの言葉でやってみよう」という方はメールをください。
 もらえれば、とってもウレシイです。


以上、アミューズメントはこんな感じでした。これ以外のものは動いていません。
もちろん、何か新作、いけたら行きます。
「時にはパンチ」あたり行きたいです。
「ねほりはほり」というネタをあたためています。


以上、ぼちぼちしつつ、待っていてくださいね。



---「なごむギャラリー」------------------------------------------------
http://www.sanogen.com/nagomu/gallery/gallery.html

●常設展
 去年(2002年)に「神戸のほほんなごみ通信」で掲載された、
 「今のキモチ」「今の空もよう」「植物の様子」をこちらに移しました。
 そう、去年のあの「あさがお」もこちらに。
 コメントなども追加しています。

●企画展
 うーむ、ここはほんと、ほったらかしです。
 この半年も、何も、何も何も、何も何も何も何も、行われていませんでした。
 ごめんなさい。
 けど、やめたワケではありません。
 ちょっと思っているのは、
 新作はさておき、
 去年まで「神戸のほほん〜」の方にあった「98年ごろに公募に出した作品たち」や、
 かつて「ハルツガーデン」というホームページに掲載していたイラスト、
 それらを、ここで展示して残しておこうかな、
 と思っています。
 そのあたりを、まず、待っていてください。

尚、過去の2つの企画展、
「第一回・へたく書展」・「どアップピンぼけ写真展」、
ありますので、しばらくそちらをお楽しみください。



---「なごむプレゼンテーション」-----------------------------------------
http://www.sanogen.com/nagomu/presen/presen.html

佐野元の過去と現在の活動に関するアレコレの掲載どころです。

●"雑誌「MacFanビギナーズ」のイラスト紹介"のコーナー

 10月から描くようになった「MacFanビギナーズ」誌のイラストを、
 毎号紹介するコーナーをやっています。11月から始めました。
 「Mac初心者にどのようにMacのたのしさを伝えるか」、
 そんなテーマのコラムにカラーのイラストを描いてます。
 そんでもって、毎号「なごむくん」が「びびび」と登場してます。
 そんなこんなのイラスト、新しいのが発売されたら、
 その分の表紙と掲載ページの写真をここにのせてます。
 これは本屋さんで探す目安にしてもらえれば。
 そして、同時に、その前の号に描いたイラストを、大きく紹介してます。
 そちらで、本を見た人にも見忘れた人にも、再びちゃんと大きく見てもらえたら。
 「MacFanビギナーズ」誌(毎日コミュニケーション)は毎月24日ごろに発売。
 今は7月号が書店においてます。

●"雑誌「スーパークロスワード」のイラスト紹介"のコーナー

 こちらは去年3月から始めたクロスワードパズルの雑誌のイラストです。
 毎号「なごむちゃん」をどこかにひっそりと描いています。
 で、これまたそれを、発売後に表紙と前号の大きなイラストを、ここで紹介しています。
 「スーパークロスワード」誌は、隔月刊で偶数月の12日ごろに発売。
 次はvol.10が6月12日に発売されます。
 

ここの動きはこんな感じです。

尚、前からある「1990年代の活動」のコーナーの過去に作ったアニメーション、
今はMacの方にしか見てもらえないのですが、
そろそろ、Windowsの方でも見てもらえるようにするかもしれません。
まぁ、ぼちぼちと待っていてください。



---「なごむショップ」------------------------------------------------
http://www.sanogen.com/nagomu/shop/shop.html

★★リニューアルしました★★

 新しいグッズ「ハンコペッタン」「シールペッタン」「印刷版ポストカード」が加わりました。
 いままでからのグッズのページもすべてページのレイアウトを新しくしました。
 
●「ハンコペッタン」(NEW)
 新ラインナップです。
 昔ながらの、土台が木でできたスタンブです。
 印肉につけてペッタンするハンコです。
 どんなにデジタルの時代になっても、やっぱりウレシイのは、
 こどもゴゴロを誘う、アナログペッタンです。
 ○「なごむくんハンコペッタン-ノーマル台木-」
 ○「なごむくんハンコペッタン-ウッド台木-」
 ○「なごむちゃんハンコペッタン」 
 の3種からはじめました。
 
●「シールペッタン」(NEW)
 新ラインナップです。
 誰しも、子供のころにあちこち貼りまくって叱られたコトのある、
 シールです。
 「なごむアトリエ」のあのコやこのコが描かれている、
 ちょっと大ぶりの、5枚1シートのシールです。
 ノートや携帯(にはちょっと大きいか?)やおでこやノートやスペースシャトルに
 ペッタンしてほしいのです。
 現在は1種のみ。

●「印刷版ポストカード」(NEW)
 新ラインナップです。
 印刷をして作った、ガバチョッと買っていただいてもいい、
 リーズナブルなポストカードです。
 ○「16カラーなごむくん」
 ○「ミズクレ」
 ○「おど郎・ネコになって」 
 ○「恐竜くん」
 ○「ニワトリ&ペンギン パンチ」
 の5種類です。

●「ポストカード」
 作品として仕上がりにこだわった、プリンタによる半手作りのカードです。
 4月からの状況です。
 常に販売しているタイプのポストカードの新作を、この半年で1点追加しました。
 ○「taneっ子」
 です。
 個人の方から依頼された絵を、カードにしたものです。

●「なごむくんレターセット」
 定番の、なごむくんをあしらった、罫線付きの、色が16種類の、
 レターセット&レ ターパッドです。16色。
 また、基本カラーとは別に季節がわりで出している「季節の限定カラー」、
 今は、
 ○「あじさい」
 をやっています。
 尚、レターセット「お試し版」もまだまだありますので、ご希望の方はどうぞ。

●「イラスト@レターセット」
 いろんなイラストをあしらった「罫線のないタイプ」のレターセットです。
 その後追加はありませんが、今は以下の5点が出ています。
 ○「なごむちゃん・返事クレ」  ○「カッパ沼・アタマ水かけ」
 ○「CHUN-CHUN・重なり」 ○「CHUNトーイ・ペッカー」  ○「はたさる01」

●「スタジオハルツCD-ROM・里親探し販売」
 以前佐野が活動の中心にして、CD-ROM作品を作っていた「スタジオハルツ」。
 その発売元がCD-ROM販売から撤退後、個人的に購入した過去のCD-ROM。
 それらを出来るだけ誰かに「里子」にもらってもらいたくて、始めた販売です。
 ○「いろんなひとがいる」
 ○「CHUN-CHUN WORLD」
 ○「ハルツスクリーンセーバー1/Windows版」
 ○「ハルツスクリーンセーバー1/Mac版」
 ○「ハルツスクリーンセーバー2」
 ○「未発表1993」
 以上の5作品。
 残り数の状況などはページにて。
 自分でも「今みても古くないなぁ」と思うこのコたち。
 だんだんと、OSの対応が心配になってはきましたが、
 「ちょっとほっこりうふふふわははと過ごしたい」と思う方は、
 「里親」になってこれらの作品、ちょっと見てください。


以上がグッスの状況です。

ようやく、
前から計画していたグッズも加わり、
リニューアルもおわった、ここなんです。

突然、何かまた始めるかもしれませんので、
用心しつつ、まっていてください。


---「なごむ広告」--------------------------------------------------
http://www.sanogen.com/nagomu/ad/ad.html

 ●今のところまたまた以前からの変化はありません。オープン時のまま。
  ここがいつまでオープン時のままでいられるか、ますます記録更新中。
  もうそろそろここはなんとかしようかなぁなんて、
  思いつつ、毎月第一第三水曜日に荒ゴミを出したりしながら暮らしています。

---------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------

以上、そんなこんなを、約半年のあいだに更新しました。
「あ、これは見ていない」なんてところがありましたら、
また時間のある時にでも覗きにきてください。
そして、ちょとタノシんでもらえたらウレシイです。

最後に、もし今後この「足あと通信」、
「こんな長ったらしいモノもう送ってもらうのはコマルなぁ」とお思いの方は、
お手間でなければ、「送ってもらうと困っちゃうからヤメテほしく思うわけで」と、
メールをくださいね。
それから、アドレス変更予定の方もお知らせください。


では、
なんだか夏になっていくのかいかないのかワカラナイこのごろ。
みなさんも突然の気温の変化に体調をくずしたりしないように気をつけながら、
明るくまぶしい夏を迎えられるよう、いい日々を。

「足あと通信/Vol.9-<秋・もうすっかりと長袖だー号>」(予想)で、
またお会いしましょう。


おじゃましました。
さようなら。



なごむアトリエ
佐野 元
2003.5/31
From KOBE City