********「なごむアトリエ」足あと通信 VOL.010********
     --<2004年梅雨どき・空気は湿気でじめじめ号>--

こんにちは。
もしくは、
こんばんわ。

今までメールをいただいたすべての方に、
年に2回ほど、ある日ひょっこりとお届けする、
「足あと通信」がやってまいりました。

今回が初めての方には、
いきなり突然ごめんなさい。

みなさん、よければ、
ほんのしばし、お時間を。

そんなワタクシ、
「なごむアトリエ」の佐野です。


まずは、
お知らせから。

---------------------------------------------
この夏、
スプーン主催の「小さな小さな大展覧会」という展覧会に参加します。
小さな絵を1つ、出します。
こんな絵です。
↓
http://www.sanogen.com/nagomu/tsushin/eyamono/new.html

会場は東京と大阪だけですが、
近くの方は、もし、
よかったら見に行っていただけると、
ウレシイなぁと思います。

「小さな小さな大展覧会」の詳しくはここをどうぞ。
↓
http://www.spoon.co.jp/archive/hot/othcsf04/index.html

---------------------------------------------

はい。
お知らせはこれくらいで。

さぁ、
みなさん、
お元気でしょうか。

6月ももうあと数日になり、
今日は梅雨らしく朝から雨がしとしと降っている、
そんな、わたしの神戸です。

どうですか?
みなさんのところでは。

今年のここまでのお天気具合、
僕の感じとしては、
なんだか夏になって行っているのには違いないけれど、
イマイチ、ワカンナイ天候で、
暑くなっていそうで、涼しげだったり、
なんだかゾクッとするなぁと思えば、やたらと汗をかいたり、
うったらーくったらーと、
もて遊ばれているよーな感じがします。

だいたい、5月からして、
「五月晴れ」っちゅうもんがあんまり無かったような、
そんな気がしますが、
みなさんはそんな空のゴキゲンをいかが感じつつ、
日々をお過ごしでしょう?


さて、
タイトルの番号にもあるように、
この「足あと通信」も数えること10号目となりました。

1号目を発信したのが、
1999年の8月。
そのときのものは、
こんなに短くシンプルでした。
↓
http://www.sanogen.com/nagomu/amuse/50ashiato/1999/ashiato001.html

ところが、
号を重ねるごとに、どんどん長ーいながーい文章になっていき、
去年12月の前号では、
こんなことになってしまいました。
↓
http://www.sanogen.com/nagomu/amuse/50ashiato/2003/ashiato009.html


うーむ、長いですね。

だから、
ちょっとここらで初心にもどって、
出来るだけシンプルに、「シュッ」としたものになるよう、
努力をしつついきたい思います。
この今号。


では。


前号の「足あと通信」にも書きましたが、
「なごむアトリエ」も去年の12月でまる5年を過ぎました。
そんでもって、
「いままでの"第一期"が終了して、これからは"第二期"です」
なんてことも宣言しちゃったりしました。

ので、
これを機に、あちらこちらのページを、
少しずつ、ちょっとづつのペースで、変えていっています。

まず、「タイトルページ」を触っています。
今はあんなことやったりこんなことやったり、
「どーしようかなぁ、こんな感じかなぁ、どぉかなぁ」
なんて感じに、やれる時にちびちびとしています。

それから、「神戸のほほんなごみ通信」のコーナーは、
その下にあるページを、ほぼすべて新しくしました。
でもまだコーナー全体としてはもちょっと触ります。

そして、その他のいろんなコーナーやページも、
やりはじめた頃とはちょっと変化した、
今のキモチや環境や更新ペースや更新しやすさに合わせたものに、
また、ライフスタイルの変化にもあったものに、
すこうしずつ変えて行きたいと思います。

ヨコから見ていると、
なかなか進んでいないようでジリジリするやもしれませんが、
スペインの「サグラダ・ファミリア教会」を眺めるよーなキモチで、
じっくり見ていてもらえたならば、
ウレシイです。

また、
そんなこんなもあって、
「アミューズメント」の作品や「SHOP」のグッズなどもほったらかしで、
新しいものはほとんど出来ていませんが、
そちらも、できる範囲で、時間があれば、
ちょびっとでもやりたいと思っていますので、
待っていただいているアナタやアナタやアナタ、
あきらめずにほちぼちと待っていてください。

以上、ヨロシクです。


ではでは、ここらで、
恒例の「少しだけお話を」です。


今、「神戸のほほんなごみ通信」の中の、
「最近の半径10km以内」のところで、
草の生えた、道路のアスファルトに空いている「穴」の写真を、
写真を載せています。
↓
http://www.sanogen.com/nagomu/tsushin/tsushin.html
こういう穴、
時々、道路にありますよねぇ。
これはいったい何なのか?
ずいぶん長い間、僕にはナゾだったのですが、
最近人に教えてもらってそのナゾが解けました。
聴いた話によると、↓こういうことらしいです。
道路工事をして最後にアスファルトを塗りつけたあと、
その実際に塗ったアスファルトからサンプルを切り出して、
それを品質試験にかけるんだそうです。
つまりは、道路工事の品質管理ということですね。
て、その切り出したなごりの跡が、
あの丸い穴らしいです。
で、当然、そのままにしておくと、
「神戸のほほんなごみ通信」の写真のようにどんどん雑草が生えたり、
また、交通のせいで次第に痛んで周囲が崩れてきたりする時もあったりするので。
普段は、ちゃんとその後にアスファルトで穴埋めをするそうです。
けれど、
その、埋めた部分のアスファルトが、
何かの拍子にパコッと取れてしまったりすることがあるそうです。
それから、「本来はそういうコトがあってはいけないんですけどねぇ」と、
申し訳なさそうに教えてくれたんですが、
また、ちゃんとやっている業者さんはキチンとやっているらしいですが、
工事の方々があまりに忙しい時などに、
ついうっかりと埋め忘れたり、なんてこともあるようです。
(ヒミツにしておいてくださいね)
「そうだったのかぁ」
と僕はナゾが解けてスッキリでした。
長く生きているといろんなことが解決するものです。
で、
その話を聞いてから、改めて、道路をじっくり眺めつつ歩いてみました。
そう、
「埋めたものが取れた穴」「埋め忘れた穴」がある、ということはですよ、
逆に、
「ちゃんと埋めた穴の跡」も道路にはあるわけですよね。
で、注意深く見てみると、
ありますあります。
「ちゃんと埋めた穴」の痕跡も、あちらこちらにあるではありませんか。
しかも、
様々な個性をもった"穴を埋めた跡"があります。
・「ほとんど周囲と見分けがつかないくらいに丁寧にキレイに埋められている"穴を埋めた跡"」
・「いかにもおおざっぱにデコボコに埋められている"穴を埋めた跡"」
・「ちょっと盛り上がっている"穴を埋めた跡"」
・「かなり古くて全体に少しだけへこんでいる"穴を埋めた跡"」
"穴を埋めた跡"にもいろいろです。
オモシロイ。
さらにこのあたりを聴いてみると、
やはり、穴を埋めた業者さんのテクニックや工事に対する熱意によって、
さまざまになるらしいです。
また、
あらかじめ交通量を予想して決められるアスファルトの厚さがあって、
でも、その予想と実際の交通量が違っていたりすると、
あの部分はいろんな影響をうけて、
へっこんだり盛り上がったままになったりすることもあるそうです。
オモシロイですねぇ。
みなさんも、今度歩いていて、ココロのヨユーがあるときは、
道路のアスファルトなどを、眺めたりしてみてください。
きっと、いろんな「ちゃんと埋めた穴の跡」に出会えるでしょう。
そしてたまには、「穴」にも出会えるでしょう。
ちなみに、
「ほんとうはあってはいけない」というあの「穴」。
僕はなんだか好きですねぇ。
草が生えていたすると植物のたくましさに、
「キミらもがんばってるねー」なんて感心したりするし、
なんとなく、
「ほっこり」したりします。
「なんでもキッチリと」というヨノナカの、
ちょっと空いているスキマみたいで、
ニコッとしたキモチになります。
が、
みなさんはどうでしょう?

では、12月以降の足あとをどうぞ。


-------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------
「なごむアトリエ」
http://www.sanogen.com/nagomu

<2003年12月〜2004年6月までの足あと>

 [全般的なコト]

 ※ 雑誌のイラストのお仕事。  
   いままでの「スーパークロスワード」誌に加えて4月から、その姉妹誌である、
   「ナンクロメイトDX」誌にもイラスト掲載を始めました。
   ともに、「なごむアトリエ」内で専用のコーナーに絵を紹介しています。
   最近は、カラーの手描きイラストも描くようになりました。

 ※ 毎年恒例の4月1日の「エイプリルフール・イベント」。
   今年も無事、決行しました。
   「プロフィールコーナーを作りました。顔写真をのせました」なんて書いてあって
   そのリンク先には、デッサン用の人形(キモチくん)がいる、というカワイイウソでした。

 ※ タイトルページを少しずつさわったりしています。
   「右手は動く絵を残す」という新しいページを作って、
   タイトルページからリンクをつけました。



---「神戸のほほんなごみ通信」------------------------------------
http://www.sanogen.com/nagomu/tsushin/tsushin.html

佐野のまわりのここ最近です。随時更新しています。

 ●写真が、ちょっぴり大きくなりました。

 ●いくつかのコーナーの更新をやめて、新しく下に作った「お蔵」スペースに移しました。

 ●それぞれのコーナーにある、「いままでの〜」の中のページをほぼすべて新しくしました。

 ●「キモチくん」の写真の背景がいろいろ変わるようになりました。

 ●「空もよう」の景色が変わりました。

 ●新しいコーナーを模索中です。今は「最近の‥‥」という名前にしていますが、
  もしかすると、変更するかもしれません。


---「なごむアミューズメント」-----------------------------------------
http://www.sanogen.com/nagomu/amuse/amuse.html

●「カッパ沼」
 http://www.sanogen.com/kappa/kappanuma.html
 1月に出たっきり、ずっと現れていないカッパでしたが、
 今、まさしく今、
 出ているようです。
 見に行ってみてください。
 カッパはほんと、ある時気まぐれに出てきますから、
 みなさま油断することなく、沼を訪れてみてください。
 そう、
 ちゃんと時々見に言ってみることじゃ。わかったかのう。(by おじじ)

●「iモードのページから」
  http://www.sanogen.com/nagomu/amuse/imode_p/imode_p.html
 4月22日に、2003年分を追加しました。
 去年1年間、「iモード専用ページ/iモードからこんにちわ」の中に書いたもの
 全てから、毎回分のオモシロどころを抜き出して掲載しています。
 読み物として読んでください。
 
●「なごむアトリエ50年のあゆみ」
 http://www.sanogen.com/nagomu/amuse/50ashiato/50ashiato.html
 5月4日に、2003年分を追加しました。
 去年、ヨノナカにあった出来事や、流行ったものも記録しつつ、
 「なごむアトリエ」の中で行われたことを、あゆみとして残しています。
 2003年のアレコレを思い出しつつ、見てください。
 
●「こんなあなたへ」
 http://www.sanogen.com/nagomu/amuse/konna/konna.html
 香川・讃岐弁 西讃地方バージョンの投稿があったので、5月26日にそれを追加しました。
 他の「方言バージョン」を作って参加してくれる方もひきつづき募集しています。
 「よし、ワタシのところの言葉でやってみよう」という方はメールをください。
 もらえればウレシイです。


それ以外のものは、新しい更新がほぼありませんでした。

■予定■
この「なごむアミューズメント」のコーナーも、
見せ方や、レイアウトなどの変更を予定しています。
また内容的にもできるだけ、更新しやすくしたいなと思ってます。
また、ほとんど更新しなくなったものをどうするかという課題もあります。
もちょっと待っててください。


---「なごむショップ」------------------------------------------------
http://www.sanogen.com/nagomu/shop/shop.html

●「オリジナルスケジュール手帳」
 11月から始めていた、2004年度版のオリジナル手帳販売。
 1月26日に無事完売しました。
 入手していただいたみなさん。ありがとうございました。


●「ポストカード」
●「印刷版ポストカード」
●「ハンコペッタン」
●「シールペッタン」
●「なごむくんレターセット」
●「イラスト@レターセット」
●「スタジオハルツCD-ROM・里親探し販売」

以上のものは引き続き常時販売しています。
が、この半年、新作は何も出ていません。

■予定■
「ハンコペッタン」に「デカなごむくん(なごむくんの大きめのハンコ)」を用意しています。
前から、その販売を待っていてくださる人がいるのは知っているのですが(アナタアナタ)、
まだ販売ページ作りが出来ていません。すみません。
モノはもうありますので、出来るだけ早く、始めたいと思います。
あと、
ポストカードなどの季節ものの扱いもちょっと変えるかもしれません。
ぼちぼち
待っていてください。



---「なごむプレゼンテーション」-----------------------------------------
http://www.sanogen.com/nagomu/presen/presen.html

佐野元の過去と現在の活動に関するアレコレの掲載どころです。

●"雑誌「ナンクロメイトDX」誌のイラスト紹介"のコーナー

 このコーナー、6月23日に新しく始めました。
 ここで「ナンクロメイトDX」誌に掲載されたイラストを紹介していきます。
 で、その「ナンクロメイトDX」誌自体は、
 隔月刊で偶数月の14日ごろに発売。
 ただいま、Vol.2号が書店においていると思います。
 毎号「なごむちゃん」をどこかにひっそりと描いていきます。

●"雑誌「スーパークロスワード」のイラスト紹介"のコーナー

 この半年に、発売されたものを掲載しました。
 発売後にその表紙写真と、前号の大きなイラストを、ここで紹介しています。
 毎号「なごむちゃん」をどこかにひっそりと描いています。
 隔月刊で偶数月の12日ごろに発売。
 今はvol.16が書店においていると思います。
 

ここのこの半年の動きはこんな感じです。

■予定■
ここはアレですねぇ。レイアウトの大きな変更はあまり考えていないのですが、
そろそろ、「2000年代の活動から」のページを作って、
2000年から2003年までのアレコレをまとめねば、
なんて思っています。



---「なごむギャラリー」------------------------------------------------
http://www.sanogen.com/nagomu/gallery/gallery.html

●常設展
 2003年に「神戸のほほんなごみ通信」で掲載された、
 「今のキモチ」「今の空もよう」「植物の様子」を、
 3月12日にこちらに移しました。

●企画展
 この半年、何も行われていませんでした。


■予定■
ここも、全体のレイアウトの変更を予定しているんですよねぇ。
そして、ちょっと「企画展」の方も考えています。
昔描いた絵などで、今はどこにも目にふれていないもの、
そういうものの展示を2つほど考えています。
これはたぶん近いうちにすると思います。
待っていてください。



---「なごむ広告」--------------------------------------------------

※「なごむアトリエ」のオープンからあったこのコーナー、
とうとう外してしまいました。 もう、見ることができません。

ただ、来年、「なごむアトリエ50年のあゆみ」を更新した折りにでも、
記録として、リンクで残しておくやもしれません。
 

---------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------

以上、そんなこんなか、約半年のあいだの更新です。

「あ、これは見ていない」なんてところがありましたら、
また時間のある時にでも覗きにきてください。
そして、ちょっとタノシんでもらえたらウレシイです。

最後に、もし今後この「足あと通信」、
「これ送ってもらうのもちょっとそっとなんだかなぁ」とお悩みの方は、
お手間でなければ、
「もうちょっとその足あとのアレはそのもうヨロシイんであるからにしてからに」と、
メールをくださいね。
それから、アドレス変更予定の方もお知らせください。


では、
梅雨のじめじめをかきわけながらも過ごす日々、
夏のむわんとした空気が近づきつつあるこのごろ。
みなさんも気候の変化に体調をくずしたりしないように気をつけつつ、
夏風邪などひかない日々をお過ごしください。

「足あと通信/Vol.11-<冬・師走、外は北風ひゅるりら号>」(予想)で、
またお会いしましょう。

うーん、やっばりまだ長いなぁ。
次号はきっと短くシンプルに。

では、
おじゃましました。
さようなら。



なごむアトリエ
佐野 元
2004.6/25
From KOBE City