なごむくん 「無意識の失敗」
2001年3月1日のiモードのページから
----------------------------

さて、
僕はもともと、
おっちょこちょいな所があるのだけれど、
今日は、ちょっと、
「無意識の失敗」について書きましょか。


●昔、初めて勤めた会社の時のこと。
だいたいから朝は弱い方。 その日もボンヤリしたアタマで、バタバタとあわてて出社。 会社に着いてロッカー室でカンタンに着替えをしていたら、 なんだかアンダーシャツがヘン。

よく見ると、それはアンダーシャツではなくて、 ボタンなしタイプの黄色のパジャマでした。 そのまま服を着てしまったんですね。
なんだか「ふふふふ」と一日を過ごしたのを憶えてます。


●これは、中学の時の同級生のこと。
何かの授業で、みんながそれぞれ問題を解いていて、 何か解らない事があれば「せんせー」と言って、 先生を呼んで教えてもらう、という形式の授業がありました。
その時、Nくんはわからない事があったのか、 呼ぼうと思って何故か無意識に、問題をながめつつ、
「おかあさぁん」
と叫んでしまいました。


●おんなじパターン。
昔、親戚のおじさんは小さな会社をしていたのたけれど、 奥さんが「副社長」兼「経理部長」でした。
もう、おわかりですね。
何かをしながら、
おじさんは、
社員全員の前で、
「ママー、ちょっと」
と呼んでしまいました。


●誰かと歩きながら、他の事にも気をとられたりしていると、 いつのまにかその知人がちょっと離れたのに気づかず、 ぜんぜん知らない人にパッと振り向いて、
「さぁ、これからどうしよ」
とか言って、
びっくりした顔されつつ、妙に自分でオカシかったりするような事、
ありませんか?
これはみんなあるに違いない。


以上、無意識の失敗でした。
考えればまだまだありそうだ。

そんなこんなで、
ますますぼんやりしそうな、
3月なんです。

 

なごむくん 「忙しいのはいいこと?」
2001年3月7日のiモードのページから
----------------------------

さてさて、
2月の真ん中あたりから、
お手伝いをしている仕事が忙しくて、
まぁ、仕事自体は充実もしてたのだけれど、
ちょっとここんところバタバタでした。

先々週のiモードも水曜更新、
先週は久々に火・水に出来ずに木曜更新、
んでもって、今週も水曜更新。

なんだかイカンイカンです。
来週はきっと、
ゆったりと火曜に更新してみせましょうホトトギス。

よく、
「忙しいです」と言うと、「結構な事ではないですか」と言われたりするのだけれど、 僕はどう考えても、「イイ」とは思えないだけれどなぁ。
なんでみんなああ言うのだろうかなぁ。

イソガシイ。
漢字で書くと「忙」しい。
つまり、心が亡くなるワケだから、
ヨクナイヨクナイ。

充実していて時間が「あっ」と云う間に過ぎるのならばいいんだけれど、 なんだかなぁなんだかなぁなんだかなぁなんだかなぁ、 と思いながら心身ともにヘトヘトになるのは、 ヨクナイヨクナイ。

なんだか忙しくしていないと、いけないようなそんな空気も、 そうじゃないとやっていけないという錯覚も、 ヨクナイヨクナイ。

と、
ちょっとヨクナイつくしになっちゃいました。

ごめんなさいね。
ここを見てくれる人はきっと、
ちょっと「ほっ」としたくって来てくれるのだと思うのに、
これでは「ほっ」としない?
それとも、
「あぁ、わかるわかる」と思って「ほっ」としてもらえました?

まぁ、
だからこそ、
せめて僕だけは、
「マイペースを守り通して、それでも知恵と工夫と勇気と積み重ねでやっていけるんだ」 ということを実践して、
できるだけ自分自身をゆったりしておいて、
ほんでもって、
みんなに「ほっ」としてもらえたらなぁ、
なんて、
ちょっと思ったりするのであります。
パチパチパチ。

で、
よかったら、
みなさんも、
ちょこっと実践してみましょ。


そんなこんなの、
ちょっと再確認な、
春なんです。

 

なごむくん 「身にしみついてついウッカリなこと」
2001年3月13日のiモードのページから
----------------------------

さてさて、
春ですねぇ。

春にはいろいろと環境が変わってしまう人もいるかと思います。
キモチ的にも、心機一転なんて気にさせられますよね。

でも、習慣というのも恐ろしいもので、
身にしみこんでいたりする事は、なかなかとれなくて、
環境についていけなくて、
とまどってしまったりしますよね。

そんなこんなで、
「身にしみついてついウッカリ」なこと。

部屋の模様替えをすると、
だいたいからしてこうなるのだけれど、
特に時計。

時計の場所を変えると、
やってしまいません?

「今何時かな?」とふと思って時計の方をサッとみたら、 そこは「前に時計があった場所」。
何もないカベをじーっと見つめていたりする。

「あっ、変えたんや」
とおもってうふふふふと新しいしいところを見るのだけど、 そのあとも何度もやってしまう、 一週間くらいはそんな事してるかなぁ。


それから「いつも一方のホームしか利用しない」、駅。

たんまに、逆の方向を利用するとき、 いつものクセでつい、使わない方のホームに行きかけたりして、
「あ、ちがうちがう、今日はコッチ」
と引き返したり。

しませんか?

僕だけかなぁ。


そんなこんなの、 それでなくてもボンヤリな、 春なんです。

 

なごむくん 「春の光景あれこれ」
2001年3月21日のiモードのページから
----------------------------

さてさて、
ほんとにほんとに春。

休日の昨日、
ブラブラと近所を歩いていて女子高の前を通りすぎた時の光景。
女子高生が一人グラウンドのベンチに腰かけて、もう一人その後ろに立ってました。 歩きながら見てると、どうやら後のコが前のコの髪の毛を切っているみたい。
なんだか、きゃぁきゃぁやってるのでした。

後ろのコは、春から美容師の学校かなぁ。 2人で学校に来たついでに「カットの稽古させてあげるっ」なんてやってるのかなぁ。
そんな想像をしてました。

で、校門の前を通ると、 バイクの前で若い男がカメラを校門の方へむけていて、 校門のところを見ると女のコがカメラに向かってニコニコとピースしている。 そのあと、今度は三脚を立て始めて、どうやら2人で写るつもり。

女のコはこの春ここを卒業するのかなぁ。 彼氏に「記念に校門で写真写したいっ」なんてお願いして来たのかなぁ。
そんな想像をしました。


そして、今日は、 駅の近くで、キモノやハカマ姿の女子大生がワイワイ。 卒業式なんでしょねぇ。

で、それを見ているまわりの男性はたいてい、「ニコニコ」「ほーっ」てな感じなのだけど、
女性は、「あっ、卒業式ねぇ、キモノねぇ、ワタシもあんなころあったわぁうふうふうふ」とニコニコ見ているか、 「あのキモノはイイわねぇ、でも、あのキモノはイマイチよねぇ」と品定め風にみてたりします。

そんなこんなの、
アチコチで春の光景の
弥生3月なんです。

 

なごむくん 「ニオイばなしあれこれ」
2001年3月27日のiモードのページから
----------------------------

さてさて、
今日はほんとに書く事がありません。

そこで、
他に何かネタはないかと、部屋を見渡してみました。

観葉植物があります。暖かくなって元気になってきました。 それで何か書けないかと思ったけれど、ダメでした。

まだ片づけていないストーブがあります。 それで何か書けないかと思ったけれど、ダメでした。

ベランダに棚を作ろうと買ってきたスノコと木材が部屋にあります。 それで何か書けないかと思ったけれど、ダメでした。


と、
こんな風↑なことグダグダ書いて、文字を稼ぐことを、 思いついたので、とりあえずやってみました。

でですね、
外に出た時に「何か書く事ないかなぁ」なんて考えながら歩いてたら、 ふっ、と近くのうどん屋さんからいいニオイがしてきたのでした。

そう、ニオイです。
今日はこれです。
書く事が出来てヨカッタ。

オナカが空いているとき、こういう街角のお店の、 ふわーんと来るニオイはタマリマセンね。

よくいく駅にパン屋があるのだけれど、 あのニオイも空腹にはタマリマセン。

屋台のイカ焼きのニオイ、あれもタマリマセンねぇ。
食べてみると味はたいしたことなかったりする事もあるので、 ほとんど、あのニオイを買っているようなものかもしれません。

それから、電車の中の誰かのマクドナルドのポテトのニオイ。
あれは、まずおいしそうでタマリマセンの時もありますが、 時として、ニオイだけなのに油っぽくて、 違う意味でタマリマセンなるときもあったりしますが、 どうでしょう?


そんなこんなの、
少し土と葉っぱの香りの
春なんです。

 

なごむくん 「サクラばなしあれこれ」
2001年4月3日のiモードのページから
----------------------------

なんだか今年はなかなか春がやってこないイメージがあるけれど、
どうなんでしょう?
去年の事は忘れちゃっているので、
もしかしたらこんなものなのかもしれないけれど。

そちらのサクラはどうですか?

だけど、サクラの花。
なんだか、オモシロイといえばオモシロイですね。

最初に
パッパッパーッ!
と、華やかに花が咲いたなぁ、と思ったら、
パッパッパーッ!
と、未練も何もなく散っちゃって、
そのあとに、
「はいはいはい、イベントはおしまいおしまい」
ってな感じに、葉っぱが出てくる。

あとから葉っぱが出てくるんやもんなぁ。
そのあたりが、見事というか。
必要以上にくどくなくて、とっても、アッサリ系で、
都会っコな感じが、僕は好きです。


それにしても、
最近は必ずといっていいほど、
桜の下でバーベキューをしていますね。
匂いがとってもしています。

僕もしたことあるし、 バーベキューの楽しさはまぁ、よく解るけれど、 この調子で、ずっと桜の下でバーベキューをやり続けると、 ちょびっとずつあの匂いを木が吸収して、 100年くらいしたら、
サクラの花が、
「バーベキューの匂い」にならないか、
ちょっと心配。
うふふふふ。
うーむ。
あながち、冗談じゃないかもしれない。


そんなこんなの、
ゆっくりサクラを見ていたい、
春なんです。

 

なごむくん 「郵便が最近、ガンバッテイル」
2001年4月10日のiモードのページから
----------------------------

さてさて、
なんだか最近、
仕事・肩こり・気候の変化、その他でオツカレサンになったので、 少しユックリペースに過ごしています。

ので、この「よもやまバナシ」のところも今日は少しだけ短めで。


郵便が最近、ガンバッテイルなぁ、と思います。
普通郵便でも、以前に比べるとかなり到着が早くなった。
ここ、神戸からだと、 昼すぎくらいまでにポストに入れると、 北は東京・千葉あたりまで、 そして、南は福岡あたりまでなら、 翌日に届きます。 うん。速達いらずやね。

インターネットのEメールは早いけれど、 受け取る側がパソコンを見れないと、 それまで。

だから、例えば、 誰かに郵便を送ったとして、 そのあと、「今郵便送ったよー」とメール送っても、 その人がメールチェックしていなかったとしたら、 郵便を受け取ってから、「今郵便送ったよー」メールを見るという事もあるんだなぁ、 と、ふと思ったのでした。

うん。
EメールはEメールでいいけれど、
一般化すると、なんとなく、
これからは、
生メールが、
逆にかなり有効だっ。

キモチこもる方を、
タノシクやれる方を、
その時々で使い分け、ですね。
そのカタチがまさに新しい気がします。


そんなこんなの、
ちょっとノンビリするぞぉ、の、
春なんです。

 

なごむくん 「雨のおもひで話」
2001年4月24日のiモードのページから
----------------------------

さてさて、
今日は一日雨が降っていたので、
「雨のおもひで」話を。

子供の頃、傘ってなんだかウレシクなかったですか?
持つところが「アヒル」の顔になっていたり、 布に何かキャラクターの絵がついていたり。

だいたい、子供と大人の好みは違っていて。
親はシッカリした、アキのこないようなものを与えたがるんですよね。
でも、子供は、日々、全力でかけぬけているので、 今欲しいものがホシイんですよねぇ。
チャラチャラしてても。

で、
傘はさしてても、実のところ、
あんまり濡れても気にならなくて、
傘を上下にぴょこんぴょこんあげたりさげたりして、
歩いたりして。

そんで、
長靴で、アチコチの水たまりの「深さ確認」したり、 「大きな水たまりに突入」していったりして。

そんでそんで、
雨がやんだら傘をたたんで、
そのあたりの鉄のフェンスに先っぽあてながら、
「カンカンカンカンカン」なんて歩いたりするんですよね。

そんでそんでそんで、
お気に入りの傘をどこかに忘れて来て、
すごくショックで、おまけに母親に叱られて、
ダブルパンチで泣いたりすんだなぁ、
コドモは。

(ちなみに、僕はいまだに傘はよく忘れます)


そんなこんなの、
一雨ごとの春なんです。


 

一番最初のコーナータイトルの状態にもどる。