なごむくん 「昔のお正月の風景」
2002年1月8日のiモードのページから
----------------------------

ということで、
さぁ、
2002年がやってきましたね。
みなさん新たな心持ちで「おっしゃ」なんて感じだと思います。
いいお正月でしたか?

で、
正月の風景。
僕が子供の頃とズイブン変わったなぁ、
なんて思います。

まず、
日の丸を掲揚しているお家が少なくなった。
ウチも昔はしていたなぁ。
(郊外では今でもしているのかな?)

それから、車の前にしめ縄をつけること。
これも昔ほど見なくなった。
僕の子供時代は、自転車にもつけていたくらい。

それから、凧揚げ。
これも見ないなぁ。
昔はアチコチでしていたのだけれど。

そういえば、
あの凧揚げ。
「やってやって教えて教えて」と
父などにねだって教えてもらってたけれど、
今思うと、
子供たちのお願いにカコつけて、
結構大人たちも、思い切り凧揚げをタノシンでいたんだろうなぁ、
なんて、
大人になった今思ったりします。

うーん、あのころの大人になって、
凧揚げしたい。
うらやましい。

と、
そんなこんなの調子で、
今年もヨロシクな、
新年なんです。

 

なごむくん 「1月のだらだら話」
2002年1月16日のiモードのページから
----------------------------

さぁさぁ、
どうしよどうしよ。
あと10分ちょいで木曜になってしまいます。
なんとか残りの時間で、
これを更新しないといけない。

じゃ、
ひさびさにだらだらパッパッパッと。

今日は、
ちょっと三ノ宮(神戸の中心街)に行ってきました。

で、
この暖かさ。
いつもの様に「冬仕様」の服装で出かけたら、
途中から汗がダラダラ。

で電気店に入ったら、その中がまた暖かい。

思ったとおりに、
しばらくすると汗がさらにダラダラ出てきて、
「もぉ、こんなに暖かいのに暖房もったいないなぁ」なんて思いつつ、
ふと、店員さんを見ると、
みんなシャツ1枚だ。
そりゃないよ。

さて、そのあと文具店にて、
ようやく、今年のカレンダーを購入。

今年はなかなか買いにいけなくて、
カレンダーなしで半月すごしてきました。

でも、条件反射とはオソロシイもの。
部屋で「今日は何日だっけ」とか「あの日は何曜日かな?」なんて思ったりしたとき、
つい、いつものカレンダーのあるあたりをフッと見てしまって。

でも、そこには、壁があるだけ。

あまりに「とほほ」なので、
今日ついに買ってきたのでした。
ヨカッタヨカッタ。


うーん、
なんだか今日は、
単なる「日記」になってしまったぞぉ。

でも、
たまにはいいですね。

と、時計を見たらあと数分で木曜だ。

さぁさぁ。
さぁさぁ。

そんなこんなの、
ぬくーい、
1月真ん中なんです。

 

なごむくん 「ややこしいなぁの銀行」
2002年1月23日のiモードのページから
----------------------------

さてさて、
目まぐるしく変わっていく銀行。

僕は住友と三和の2つ銀行口座をもってました。

去年、住友が住友三井に変わり、
最近、三和がUFJ銀行に変わりました。

前赤っぽい目印の住友が、今はみどりっぽい三井住友になって、
前はみどりっぽい目印の三和が、は赤っぽいUFJになって、
なんだか、
こんがらがるんですよぉ。
ああ、ややこしいなぁ。


それにしても、
UFJ。
名前からして紛らわしい。

USJ。
これは、
ユニバーサルスタジオジャパン。

UFO。
これは、
未確認飛行物体。

USA。
これは、
アメリカ。

UCC。
これは、
コーヒー。
(間違えない?)

JFK。
これは、
ケネディ大統領。
(無理がある?)

UFU。
これは、
ウフッ。


そんなこんなの、
今年もいろいろ変わりそうな、
1月後半なんです。

 

なごむくん 「髪の毛って体調が出ない?」
2002年1月31日のiモードのページから
----------------------------

さて、
今日は「ちょっとだけよもやま話」を。

ここまで、アタマという言葉がタクサン出たので、
髪の毛について。

髪の毛も体の一部ですが、
体調が悪い時って、
髪の毛もなんだかまとまりが悪くて、
思いどおりにならなくて、
うまくセットできなかったりしませんか?

「やっぱりつながってるもんなぁ」
と勝手に思っているのですが、
みなさんはどうでしょう?

そんな事を、
ふとアタマで考える、
いよいよ冬もピーク、
なんです。

 

なごむくん 「いつかきっとこんな歯の治療」
2002年2月5日のiモードのページから
----------------------------

さて、
最近、
歯医者に通ってます。

3年ほど前まで通っていたけど、
なんだかイマイチな歯医者な気がして、
行かなくなりました。

で、その後、詰めてたものが取れても、
そのままにしてたのだけど、
とうとう、前歯に詰めてたのも、
取れかけて。

「さすがに前歯はなぁ」と、
別の医者にいく事にしました。

そんな風なので、
また、20代のころちゃんとしてなかったのもあって、
もう、あちこちボロボロ。
先生も「うーん」と唸ってました。

で、
「これは抜かないといけないかもですねぇ」
と言われた歯もいくつか。

まぁ、出来るだけ抜かずに治療してくれるみたいだけれど。
やはり、抜くのは、可能な限りしたくないなぁ。

だって、
技術や素材がどんどん進歩していくこのごろ。
きっと、そのうち出来るんじゃないかと思うんですよねぇ。
こういうの↓。

歯に詰めたり、
かぶせたりしておくと、
そのうちに、
「歯になってしまう」素材。

なんだか、
いつか出てきそうだと思いません?

それまで、
出来るだけ、
欠けていても置いておきたいなぁ。
なんて、
歯の根っこの事はさておき、
思ったりするワケなんです。


そんなこんなで、
寒いと歯にしみる、
2月のアタマなんです。

 

なごむくん 「積雪の記録を調べてみると」
2002年2月13日のiモードのページから
----------------------------

11日、
このあたりもなんだか寒く、
昼ごろ雪がチラチラときました。
でも積もるところまではいかない。

そういえば、
去年はほとんど積もらなかったんじゃないかなぁ、
このあたり。

一昨年(2000年)は、
2月8日に夜から積もり始め、
朝も残ってました。
そのときはちゃんと写真に写し、
インターネットの方の「なごむアトリエ」に掲載したりしました。

また写真に写したいと思っているのだけれど、
今年はどうなのかなぁ。

こんな風に、
この辺りでは積雪はなかなか。
そして、
積もっても、
普通は1cmとか、
多くて5cmくらいとか。
10cmを越すとそれはほとんど記録的な大雪。

で、ちょっと調べてみました。

大阪では、
1990年の2月1日に
11cm積もった大雪が記録されてます。

東京では、
1968年の2月15〜16日に、
23cmが記録されてます。

北国のみなさん、
こんなもんです。
そちらに比べればきっとカワイイもの。
それでも、
僕らは大騒ぎ。


ちなみに、
日本で、
いままで記録されてる積雪の最高は、
(山間部を除く)
1945年2月26日富山県真川の、
7m 50cm。

おおっ。
人間4人でもまだ足りない。
ビルなら3Fくらいまで埋まってしまいそう。

そして、
世界的記録としては、
1911年3月19日アメリカ・カリフォルニア州での、
11m 53cm。

うーん、すごい。
掘っても掘っても掘っても、
雪。

その上を歩くと、
まるで、
空中を歩いているようなもんだなぁ。


そんなこんなで、
そこまではコマルけれど、
ちょっと積もるのも見てみたい、
冬なんです。

 

なごむくん 「目に見えない何かの力」
2002年2月19日のiモードのページから
----------------------------

さて、
今日は「目に見えない何かの力」
みたいな事を。

2年程前に、
FAXが壊れて、しばらくFAX無しが続いてました。

でも、その頃からもう使うことがほとんど無くてね。

以前は、
当時メインでしていた仕事で頻繁にFAXでやりとりしていたし、
また雑誌のイラストの仕事もしていたのでそれに使ったり。

でもその後、
仕事においてもeメールで済む事が多くなったり、
雑誌の仕事も終了したりで、
使わなくなってました。

だから、
「FAXほしいなぁ」と思っても、
どうしても買わねば、
という気がおこらなかったんですね。

さて、
去年、
友人が「FAX買わなきゃ」なんて言ってくれたりして、
なんとなく、
「まぁ買おうかな」と思い、
11月ごろに買ったんです。
2年ぶりくらいのFAX導入です。

けれど、
案の定、
去年中はほぼ使うこともなく、
「でもまぁ、いいか」なんて思ってたんですね。


ところが、
今年になって突然頻繁に使うようになりました。

ずっと仕事のお手伝いしている所の仕事で、
何だか色々とFAXが必要になってきたし、
その上、
今月から雑誌のイラストを毎月描く仕事が突然始まりました。
とたんにFAXがフル稼働。

「うーん買っててよかった」
という感じです。

で、
一方で、
「なんだかこんな風になるのが決まっていて、
その時の為に前もってFAX買ったみたいだなぁ」
なんて思ったりもします。

まるで、
見えない力が、
ふっ、と働いて、
これから必要となるFAXを、
僕に買わせたかのようです。

偶然というか、
縁というか。

そんな事ってありません?


そんな、
自然の不思議を感じる
冬なんです。

 

なごむくん 「さかなよりもさかなの方が古かった」
2002年2月26日のiモードのページから
----------------------------

さて、ちょっとこのことを。

先週、
ガソリンや軽油を国内の港に運ぶ船で仕事をしている、
船の上のWさんに、
「船から、釣り糸をたれて魚を釣って食べる、とかするのでしょうか?」
と呼びかけたところ、
お返事をいただきました。

以下。

−−−−−−−−−−
船で釣ったことある魚。
大物から→かつお。しいら。中モノ小モノ→いか。あじ。その他いろいろ?な魚。
最近は忙しいばかりですが、たまーにヒマができると自然と釣り大会になったりしますヨ〜
−−−−−−−−−−

そうかぁ、
やっぱりするんですね。
でも、そやって釣った魚、
おいしそうだ。


さて、
だからという訳で、
その「魚」。


「魚」は「さかな」ですが、
お酒を飲むときのおつまみも、
「さかな(肴)」といいますよね。

何故なんだろう、
と思ったので、ちょっと調べました。

すると、実は、「さかな(肴)」の方が先だったみたいです。

もともと、
酒の時に食べるものをすべて「さかな(酒菜)」とよんでいて、
その時に「魚」を食べる事がやはり多かったのか、
それがやがて「魚」の呼び名として残ったようです。

じゃ、「魚」を「さかな」と呼ぶ前はなんと呼んでいたのか?

「魚」のことは、イオと呼んでいて、
(今でもそう呼ぶところがあるらしい)
それが、変化して、
「うお」となったらしいのね。

そう、
今でも「うお」とも言うよね。
「魚」を。

うん、そうかぁ。
もしかしたら、不十分かもしれないけれど、
そうみたいです。

ちょっとカシコクなったな。
今度酒の場で魚が出たらしゃべろう。


そんな、
冬の魚もそろそろ終りな
晩冬なんです。

 

一番最初のコーナータイトルの状態にもどる。