なごむくん 「井戸のあるマンション」
2003年7月1日のiモードのページから
----------------------------

さて、
本日も雨ですが、
ほんとに今年は、
しっかりと梅雨してます。

まぁこのくらい降ったら、
この夏は、
渇水で水にコマル、
ということもなさそうなので、
それはそれで、
イイコトです。

しかし、
ザンザンとふるこの雨。

道路のアスファルトに落ちた雨は、
どんどんと、道のワキの排水溝に流れていって、
どんどんと、下水に入っていって、
なんだかもったいないなぁ、
なんて思ってもみたり。

昔は、
雨は地面にしみこんで、
ずんずんと地下にたまって、
地下水になって、
それを井戸でくんで、
つめたーくてオイシイ水を飲んでたワケなのに、
今となってはなかなかそれはゼイタク。

いや、でもそれが本来フツーかもしれないなぁと。
雨が比較的よく降る国なのに、
「つめたーくてオイシイ井戸水」を自分からやめておいて、
「マイナスイオン水」なんてのをスーパーで買ったりしてるのだから、
ヘンなハナシですね。

うん、
きっとそのうち、
こういうマンションが出来るかもですね。

「井戸のあるマンション」

敷地に井戸があって、
つめたーくてオイシイ水がくめる。
部屋にも「地下水の蛇口」が別途あったりする。

うん、数年うちにできそうだ。

でも、
その設備費の分、
高級マンションだったりして。

うーん、クヤシイ。


そんなこんなの、
冷たーい水もゴクゴクおいしくなってきた、
7月アタマなんです。

 

なごむくん 「人生は穴である」
2003年7月9日のiモードのページから
----------------------------

さて、
去年から部屋のアレコレを、
新しくしたり整理したり、
模様替えしたりしているのだけれど、
その一連のアレコレのメインインベントである、
「作業部屋のウッドカーペットの敷き替え」を、
ここ数日おこなってました。

これがまたタイヘン。
なにせ、机やら本棚やらを、
ちょっとづつ他の部屋に移して、
そしてウッドカーペートを敷き替えて、
そんでもってまた、
数日かけて部屋をもとに戻すという作業でした。

で、本日、
最後の本棚をもとの位置にもどして、
とりあえず完了しました。
パチパチパチ。

この一連の作業のあいだ、
「まだまだ本格的に暑くなるので今はしんぼうだ」と
あえてエヤコンはつけずにいました。

そしたら、
出るわ出るわ、
汗。

「どこからこんなに出てくるのか」
と思うほど出る出る。

まぁ、汗の出る穴から出るんですけどね。

で、
ふと思いました。

ヒトっていうのは、
そういえば、
穴だらけですね。

口・鼻・耳・お尻、
と、
あそこ。

穴から食べ物入れて、
穴から排泄物出して、
穴から空気入れて、
穴から汗をだして。

穴をフル活用して、
一生を生きてるもんですねぇ。

「穴より入りて、穴より出づる」

そういえば、
ヒトはみんな、
まちがいなくどんなヒトも、
そもそも、
穴から出てくるしねぇ。

うーん、
「人生は穴である」

これが今日の結論です。
あなうれし。

そんなこんなの、
珍しくちょっぴり下ネタっぽくて、
穴があったら入りたいくらいの、
梅雨の終盤なんです。

 

なごむくん 「見たことのない自分」
2003年7月16日のiモードのページから
----------------------------

うーん、
なんだかヒンヤリしているので、
ようやく暑さに慣れた体がまた冷やされたせいか、
なんとなくだるくて、
眠いです。
アタマも回りません。
今日はここ、
進められるでしょうか。

そういえば、
「眠る」といえば、
ヒトはみんな、
自分の「眠っているところ」を一生見ることはないんですよね。

いや、ビデオとかはナシよ。
ナマ「眠っているところ」。
それから、
「わたし幽体離脱して見たわよ」ってのも除外です。

さて、
どんなでしょうね。
実際見てみるとガッカリしてね。
「ああっ、こんなバカみたいな顔してるのか」とか。
そんなこと思ったりして。
「いやーん、ゲンメツ」とか思ったりして。
また逆に、
「ああああっ、寝ているところもかわいいっっ、自分っ」って思うヒトもいたりして。


そういえば、
他にも一生見れないもの、
ありますねぇ。

まず、
「自分のナマ顔」
鏡や写真で見て「自分だ」と思っている顔とは、
ちょっと違うんでしょうね。

それから、
「自分のナマ後頭部」
うーん、これも見えない。
想像の域を超えないっ。
つむじはいったいどうなっているのだ。

それからそれから、
「自分のナマ背中」
自分で見れたら、背中もきっと洗いやすい。

あと、
「自分のナマ耳」
「自分のナマお尻の全貌」
なんてのも、
見えなかったりします。

まぁ、見たからってどうってことないのだけど、
「実はエラソなコト言ったって、所詮、みなさん自分のナマ後頭部は知らないのだ」
と思えば、
ちょっとは気もラクなんてなもんですね。

以上、
今日は、
「見たことのない自分」
バナシでした。


そんなこんなで、
見えない背中に汗をタクサンかく、
夏もすぐそこ、
な、
7月半ばなんです。

 

なごむくん 「ここ数年のナツを振り返る」
2003年7月23日のiモードのページから
----------------------------

さてさて、
ホント、今年は、
なんだかまだ「ナツ本番」の実感がありません。

梅雨はあけてなくて雨が降ったりドンヨリしてたりするし、
気温はたまにムシムシするけれど、
たまにヒンヤリしているし。

で、毎年今ごろどうなんだろう?
とふと思ったので、
過去3年間のこのページの今ごろのものを見てみました。
(このあたりが、長いことしているというコトのいいところ)
ちょっと、ここに引っ張りだしてみます。


●ではまず3年前、
2000年7月25日のこのページから。

−−−−−−−−−−
「ここのところ本当にアツかった。
場所によっては38度を越えたところもあって、
体温だったら学校や仕事を堂々と休めるくらいです。
みなさん元気にしてますか?
アツさはちょっとマシになりそうですが、今度は雨。
温度は30度。
湿度は58%。
そんな神戸です。」
−−−−−−−−−−
うーん、38度を越えたところもあったりしたのか。
ちなみに、この前の週の18日には「梅雨明けした」と書いてました。


●続いて2年前、
2001年7月25日のこのページから。

−−−−−−−−−−
「アツイですねぇ。
毎日、ホンっトに、
アツイ。
場所によっては40度をこしたりしてて、
とにかく
アっつい。
温度は36度。
湿度は49%。
そんな神戸です。」
−−−−−−−−−−
おおっ、もう36度もあったんだ。
ちなみにこの年は14日くらいには梅雨あけしていたもよう。


●そして去年、
2002年7月23日のこのページから。

「このあたりは、
土曜だったかに梅雨明けしました。
それからは、
ほんとに、
真夏の天気。
気温も上がって、
アツイです。
温度は34度(室外)。
湿度は50%。
そんな神戸です。」
−−−−−−−−−−
うーん、これまた30度以上。
特に去年は早くから暑かった印象ありますね。


そぉかぁ、
ここ数年はいまごろはもう猛暑だったのですねぇ。
それを思うとやっぱり今年はスズシイ。
なんせ、さっき見たら28度。

あまりアツイのもたまらないけど、
ナツらしくないのも、
調子狂ってしまって、
ミンミンミミンですね。


そんなこんなで、
ココロは6月、
でもホントは、
の、
7月後半なんです。

 

なごむくん 「お金にコマル」
2003年7月29日のiモードのページから
----------------------------

さて、

おもいがけないところから、
お金が出てくると、
なんだかミョーにウレシかったりする。

ずいぶん使っていないカバンとか上着とか服から、
お金が出てきたりすると、
なんかトクした気分になる。

いや、もともと自分のものなんだけどね。

でも、トクした気分。


さて一方、
あるべき時になくてコマルのもお金。

急に必要になって、
でも財布を見れば足りない。

ジュースの自動販売機の前で、
小銭を見たら110円、あとは1万円札。

「ああっあと10円っ」
カバンの底にうっかりおちていないか探ってはみるが、
こんな時に限って、
ない。


こんな時に、
ひょっこり出てくればいいんだけどね。
出てこない。


ので、
時々、
コマッタ時のために、
「隠し金」というのをする。

千円とか500円とか、
サイフの違う部分にしのばせておく。

頭の中では、
「ここに入れたのを忘れて、そして、コマッタ時に思いだして、あぁ大助かり。うふふふふ」
という筋書きなのだけれど。

しかし、
結局、
それがアタマに残っているときは、
普通と同じように使ってしまう。
気がついたら無くなっている。
イミがない。

そして、
忘れているときは、
コマッテても、
その隠し金の、
存在を忘れてる。
イミがない。

ああ、
人生は、
イミのないことのくりかえし。


しかし、
忘れちゃならない、
「ゆえに、
タノシイかな」

いつも、
何もかも、
100パーセント、
うまくいかなくても、
いいのだ。

&、
誰でも、
いつも、
100パーセント、
うまくいくワケがないから、
これでいいのだ。

チャリン。


そんなこんなで、
「来るのを忘れてしまったのかしら、夏」、
てな感じの、
いよいよもう8月、
なんです。

 

なごむくん 「プチ夏のダラダラばなし」
2003年8月20日のiモードのページから
----------------------------

それにしても、
ホントにヘンな夏です。

もう8月も後半というのに、
ちっとも体が暑さに慣れなくて、
たまに夏らしい日があると、
とっても疲れます。

ほんとうならこの時期は、
すっかりと30度を超す暑さにも慣れて、
「まだまだ暑いねー、でもあとちょっとのシンボーだねー」
なんてニッコリ笑って言ってないといけないのに、
シンボーも何も、
アータ。

試練がなかったワケだから、
それを乗り越えたヨロコビもあまりないのではないかと思う、
今日このごろです。


さて、先週はお休みしてたので、
ほんとに久しぶりのこの番組。
今日はこんな風にダラダラと。


先々週、
じゃんけんスペシャルはどうでしたか?

今回はなんと、
10戦全勝した方がいます。
名古屋の安田さんです。
始めての全勝者。
パチパチパチ。

しかし、
クヤシイなぁ。
もっと修行をせねば。
また秋のスペシャルでキモチを入れ直したいと思います。


それから、
先々々週にこの上のところで、
船の上の渡邉学さんに、
「乗っている船の長さは?」と問いかけたところ、
お答えのメールをくれました。
(ちなみに、渡邊さんは国内でガソリン・灯油などを運ぶタンカーに乗っている船員さんです)

船の長さは、104.93m、幅は16m、深さは8.5mだそうです。
ピンとこないかもしれないので、
比較してみましょうか。

甲子園球場は、センターが120m、両翼が96m。
横浜のマリンタワー、106m。
大阪の通天閣、103.91m。
神戸のポートタワー、108m。
ウルトラマンの身長が、68m。
ゴジラは初代が50m、
最近のゴジラは100m。
(あ、ウルトラマン、きっと負ける)

どう?
実感、
つかめました?


そんなこんなで、
今年は「プチ夏」だなぁ、
なんて感じの、
8月後半なんです。

 

一番最初のコーナータイトルの状態にもどる。