なごむくん 「服を処分うりゃっ」
2004年11月2日のiモードのページから
----------------------------

さて、
11月になりました。

時折寒い日もありますが、
まだ、たまに、
半袖にちょっとひっかけるくらいで充分な日もあったり。

で、
このあいだ、
出した古い冬服などしげしげ眺めて思いました。

ここ数年で服の形ってかわりましたねぇ。

バブルの頃から数年前まで、
けっこうガバッと大きく長い服が主流でした。

けど、
ここ数年から今は、
どちらかというと、
大人服は、
短めのピッチリ目。
(逆に小中学生はブカブカ着てますが)

で、
自分の持っている、
13.4年前から5.6年前まで買ったシャツは、
ガバッとしてて。

けどそういうのは、
だんだん着て出なくなった。
着てみると、どうも、ハズカシイ。

うーん。
なんとかしなければ。
このまま持っていても。

と、
いうことで、
まず、
当時結構な値段したヨコに広いハーフコート。
うりゃっと処分してしまいました。
(ごめんねー)

それから、
シャツ。
「コレは処分してもいいか」と処分したもの数点。
部屋着・作業着にして着まくることにしたもの数点。
パジャマ代わりにしたもの数点。


うーむ、
時代は替わっていきますねぇ。
茶髪ブームもそろそろ終わりでしょうか?
(ちなみに、僕はアジアンを貫いてずっと黒髪です)


と、
そんなこんなの、
11月のアタマの黒髪なんです。

 

なごむくん 「ひと文字のことば、ね」
2004年11月9日のiモードのページから
----------------------------

さて、
ふと思いました。

日本のことばが、
最初に出来たころからあったのではないかなぁ、
というような言葉は、
非常にシンプルですよね。
「め(目)」とか「は(歯)」とか「て(手)」とか。

しかも、
身近で日常的で、
必要なもので、
コミュニケーションする上でも基本的なものに、
シンプルな言葉がまずつけられていったんではないかなぁ、
なんて思ったりします。

まぁ、
そういう今使われている「ひと文字」の言葉の中には、
古くからの言葉だけでなく、
比較的新しいのもあるんでしょうね。

新旧混ざっているんだろうけど、
「め」とか「は」とか「て」とかは、
古そう。

と、
そんなこと思ったりします。

さぁ、
みなさんも、
「あ」から順に、
「ひと文字」で通じる言葉を、
思いおこしたりしてみましょう。











































と、
そんなこんなの、
「かきくうよ」な
秋の後半なんです。

 

なごむくん 「キミたちが大好きだ」
2004年11月18日のiモードのページから
----------------------------

さて、
まだアレコレと他のすることもあるので、
今日はササッと短めに。


数日前、
外を歩いていたら、
前から小学生の集団が、
何かしゃべったり笑ったりしながらやってきました。

で、通りすぎるときに、
こんな会話がきこえてきました。

「1+5はー?」
「いちごー!」
ギャハハハハ。

「じゃー、2+3はー?」
「にーさんー!」
ギャハハハハー。

ああ、いいなぁ、
キミたち。

うーん、
非常にシンプルなギャグですが、
通りすぎながら、
ココロに妙に受けてしまった僕でした。


と、
そんなこんなの、
3+6+1は?
「さむいー!」な
11月の真ん中なんです。

 

なごむくん 「焼きいもは20分」
2004年11月24日のiモードのページから
----------------------------

さて、
なーんかほんともう、
11月ももうちょいで、
あーっちゅう間に12月で、
あーーっちゅう間に今年ものこりわずかですねぇ。
と共に、
そろそろ寒さも本格的にやってきますね。

さぁ、
寒いといえば、
やっぱり食べたい、
ほかほかしたもの。

そしてそして、
ほかほかしたものといえば、
「焼きいも」 (もしくは「ふかしいも」)です。

(「あれ?豚まんとかもあるのとちゃうの?」なんて言わない言わない)

で、
最近知ったコト。

僕などもよくしますが、
サツマイモを電子レンジでチンして、
「ふかしいも状態」にしたりしますよね。

が、
実は、
さつまいもというものは、
時間をかけて熱したほうか、
「甘みが増す」
そうです。

できれば20分以上がいいみたいです。

それは、
どうしてかというと、
時間をかけて充分に熱を加えた方が、
さつまいもの中に含まれる、
なんとかという成分が、
なんとかという成分とくっついて、
なんとかという甘みのもとを増やすからだそうです。
(さっぱりわからんね。ほほ、ごめんなさい)

とにかくまぁ、
時間の無いときは電子レンジで温めて、
でもって、
ヨユーのある時は、
アミでじっくり焼いたりしましょう。


寒ーい日に、
ほくほくで、
あまあまの、
焼き芋。

そのときは、
冬がちょっと好きになります。


と、
そんなこんなの、
ハフハフが口にウレシイ、
11月のおしまい頃なんです。

 

なごむくん 「どうしてあんなに食べたのか」
2004年12月1日のiモードのページから
----------------------------

さて、
今日もすることアレコレなので、
サササッといきたいと思います。

では。


みなさんは、
小さな子供の頃にみょーに好きだった食べ物って何でした?
(お菓子以外で)

僕は、
カボチャの煮物と、
ブリの煮物と、
穴子寿司と、
海苔でした。

海苔はほんとに好きで、
「味付けのり」をバリバリ食べてました。

なんなんでしょうね。
「なんでそんなに好きだったのかなぁ」
とも思うんですが、
もしかしたら、
成長期において、
その子がそれぞれ、
ちょっと不足している栄養を、
本能的に欲しくなるのかなぁ、
おいしく感じるのかなぁ、
と、
最近思ったりします。

まぁ、
海苔は今でも好きなんですけれどねぇ。


みなさんは、
「子供のころ、みょーにアレが好きだったなぁ」
なんてもの、
何でした?

そして、
身近に子供がいるヒト、
その子は、
何を無意識的にバリバリ好んでたべているんでしょうか?


と、
そんなこんなの、
あったかい食べ物がオイシクなってくる、
12月の始まりなんです。

 

なごむくん 「00'sって何と読むの?」
2004年12月14日のiモードのページから
----------------------------

まず、
ちょっとだけ予告を。

このページについて今、
ちょっと考えています。

まぁ、詳しくは年が明けたあたりで。


さてさて、
知っている人がいたら、
是非教えてほしいことがあります。

よく、
1970年代の10年のことを、
「70's (セブンティーズ)」
とか、
1980年代の10年のことを、
「80's (エイティーズ)」
とか言ったりしますよね?

じゃぁ、
今のこの、
2000年代の最初の10年のことは、
なんて言うのでしょうか?

字にすると、
「00's」かなぁとも思うんですが、
言葉でいうと、
どうなるんでしょうか?

「ゼロティーズ」?
うーん、なんか違うっぽいなぁ。
「アンダーテンズ」?
これも、
きっと違うなぁ。


なんていうんでしょうか?

ずっと疑問。

と、
そんなこんなで、
'00sも後半が始まりつつある、
12月の真ん中なんです。

 

なごむくん 「正月前のお菓子買いだめウハウハ」
2004年12月22日のiモードのページから
----------------------------

さて、
もうすぐお正月ですね。

けど、
なーんか今年、
あたたかさもあってか、
お正月が来るという気がしないんですよねぇ。

みなさんはどうなんでしょう?

さてさて、
「お正月らしくない」といえば、
ほんとに昔に比べたら、
「お正月の特別な感じ」というのが、
うすくなってきた気がしますね。

そう、
このハナシは前にしたことあるかな。
もしそうならごめんなさい。

よくこの時期に思い出すんですよ。
「正月前の買いだめ」を。


僕の子供のころは、
「お正月」といえば、
30日あたりから5日くらいまで、
町の商店もお休みで閉まっていました。

ので、
暮れの最後の日曜あたりには、
家族で商店街や市場やスーパーに行って、
おせちの準備の食材も買いつつ、
食料の買いだめをするんですね。

7日間くらいどこもお店が閉まっているので。

ので、
その時ばかりは、
親から、
「お菓子もたくさん買っていいよ」
と許可がおりるんですよねぇ。

こりゃもう、
ウレシイウレシイ。

普段は、
「お菓子は1つだけ!」
と厳しい購入制限があったので、
もう正月前の、
「ドカドカ好きなだけお菓子買っていい」瞬間は、
天国のようでした。

あれはウレシかったナァ。

家に帰ってから、
「どの順番で食べようか」
なんてウフウフと眺めたりしたもんでした。


今は、31日までお店も開いていて、
正月明けは、3日くらいから、
店によっては2日からやってたりするし、
コンビニなんてのは元旦も開いてたりするので、
もうそんなタノシイ思いはないのだろうなぁと。

便利になったのはイイコトだけど、
ちょっと、
「どちらがシアワセ?」
と思ったりもしたり。


と、
そんなこんなで、
シアワセなシワスを思いつつの、
12月の後半なんです。

 

なごむくん 「字は消さないでほしいなぁ」
2004年12月28日のiモードのページから
----------------------------

いやまぁ、
ほんとに今年もおしまいが近づいてきました。

それにしてもいろんなことが、
今年はありましたね。

なんだか、
いろんなものごとが、
いろんなキモチが、
じわじわと変わっていきつつある感じです。

少なくとも、
いろんな「意識」がかわりましたね。


さてさて、
変わるといえば、
僕が今すんでいるところ、
来年から住所の表記が変わります。

実は、
いままでも郵便の住所では省略してもよかったので、
書いていなかったんですが、
本当はここの住所、
「字(あざ)」が付くんですよね。

正直いうと、
ここに越してきた15年前、
なんだか「字(あざ)」がつくのはカッコ悪く感じたし、
まぁ、別につけなくてもいいので、
ずっとつけていませんでした。

けど、
最近、
「字(あざ)」がつくのは、逆にいいなぁ、
なんて思いはじめてたんですね。

あ、誤解なきよう付け加えると、
このあたり、ほんとに便利なところで、
神戸の中心からちょっと東の、
住宅ばかりの街中です。

いまどき、こんなところで「字(あざ)」がつくなんて、
ちょっといいよナァ、
なんて思い始めたんです。
歴史を感じるし。

ので、
来年アタリから名刺などの住所も、
「字(あざ)」つきにしよう、
と思ってたところなんですよねぇ。

それが、
「字(あざ)」の廃止。

うーん、
ちがうんだなぁ。
そういうのがあるほうが、
これからはイイのになぁ。
変わり方をまちがえちょる。

ここだからこそ、
今の時代だからこそ、
残さないと。

と、思ったりしてるこのごろです。


と、
そんなこんなで、
「あざー」
な12月のおしまいごろなんです。

 

以上、2004年年末までの「iモード」のページからでした。
一番最初のコーナータイトルの状態にもどる。