なごむくん 「この番組終わっちゃうのか?」
2005年1月19日のiモードのページから
----------------------------

えー、
今日は、
いつもとは変えて、
お知らせスペシャルです。

このページも、
早いもので、
開始から5年半がたちました。

ほぼ週1の更新。
数回のお休みを引いたとしても、
250回以上はやったことになります。

う〜ん、
なかなかやるもんだなぁ。
まさか、
こんなに続けるとは思っていませんでした、
このページ。

そもそも、
仕事で行ったところの人たちが、
携帯電話をパカリと開けて、
「ほら、これがiモードですよ」
と見せてくれたのが始まりでした。

「うーん、これは面白い。
色んな場所で見ているヒトに向けたものが、
なんかできるなぁ」と思って、
ラジオ風に始めてみたのが、
1999年の8月のコトでした。

いろいろ想像したんですよ。
たとえばこれを駅で見たらどんなだろうとか、
記念日がのっていたら話題にできるんじゃないかとか。

で、
ネットのサイト「なごむアトリエ」の、
子分のページとして、
「試験的」にスタートしのたがこのページでした。

そう、
実はまだ、
「試験放送」のままなんですよねぇ。
それを解除してないんですよね。
コレ。


最初は、
ある程度やったら、
違うものに変えようと思ってました。

けど、
やるとなんだかタノシクて。

遠く北海道の人からメールもらったり、
普通知り合う機会のない船の仕事をしている人が見ていてくれていたり。
あのころは、
毎週、数通メールがきて。
2年くらいまでそのあたりの広がりがタノシミでした。

3年目くらいになると、
「よもやまバナシ」のところが充実していて。
毎週書くネタにまったく困らない、
そんな感じでした。

ところが、
去年あたりからでしょうか。
ちょっとね、
更新に少しパワーがいるようになってきました。

まず、
僕が次第に忙しくなってきた、
というのが1つ。

それから、
そんな中で、
温度や湿度を調べたり、
過去のデータから今日の記念日など引っ張りだしてきたり、
などが手間になってきたのが1つ。

そして、
これはもう5年半も決まった形式でやっていると、
どうしてもそうなってしまうと思うんだけれども、
「同じパターンでやりつづけなければいけないつらさ」
の様なものを少し感じるようになってきたこと。


うーん、
当初の、
「自分もタノシミつつ、楽しんでもらえるものを」
という感じがこれじゃぁなぁ、
と去年あたりから考えてたんです。













と、

ここまで読んで、
「えー? 終わっちゃうのー?」
とちょっとウルウルしてきたアナタ。

それから、
勇み足で、
「何事も終わりはあります。いや、ここまでよくやった」
とナゼかうなずいてしまったアナタ。

そうアナタアナタ。


あわてないでね。
もうちょっとまっててね。

さぁ、
涙をおふき。



んとですねぇ。
それも、
考えたんですよ。

2005年の始まりをめどにスパッとやめてしまうコト。

ただねぇ、
一方で、
「やめるなら、せめて開始した8月とかにしたいよなぁ」
とか、
「もうちょいやってみたらどうなるのか知りたいなぁ」
とか、
そんなことも思うんですよねぇ。

それから、
去年ここで、
「このページについて考えてます」
と書いたところ、
「iモードのページがどうなるか心配してます」
と年賀状に書いてくれた人がいたのですね。
ちょっとウレシかった。

また、
12月の終わりごろに、
久々に、
「iモードのページで呼びかけてください」
というメールもいただきました。
ちょっとヨロコンだ。


だから、
ひとまず、
今スッバリとやめることは、
やめました。

ただ、
上にも書いたように、
今の形のままでは、
やはりキモチ的にマンネリしているので、
少し形式を変えようと思ってます。


まず、
-------
温度は10度。
湿度は30%。
-------
この温度の紹介、
やめますね。
バタバタとベランダに温度測りにいくコト、
省略しますね。
いままで、これを見て、
こちらの気温を頭に描いて楽しんでくれていた方、
ゴメンナサイ。


-------
△△市の「○○」な××さん
-------
このよびかけ。
これはねぇ、
ちょっとしばらくは、
続けてみます。



-------
さて、今あなたは
これをどこで見て
いますか?
駅のホーム?電車の中?
なんとか、かんとか?
-------
これももうおしまいにしたいと思います。
ここがね、
特に毎回ビミョーに変えるのに、
苦労してました。
ただ、
これこそが、
「それぞれの場所で楽しむ」という、
もとの発想からでた形だったので、
もしかしたら、
ちょっと違う形で残すかもしれません。
とにかく、
いままで、アチコチでここを見て、
臨場感を感じるのが好きだった方、
ホントに、
ごめんなさい。


で、
「よもやまバナシ」のところ。
これは、 もちょっと変化が可能なものになるかもしれませんが、
基本的には残したいと思います。

ただし、
------
ただいまの時刻は、午後11時35分。
今日は朝から〜
で、かたわらの飲み物は、コーヒーなんです。
------
ここは、
なくなるかもしれません。
「コーヒーばかり飲んでいたら体によくないよ」
と心配してくれた方、
ありがとうございました。


そして記念日。
これもねぇ、
ちょっとおしい気もするんだけれど、
毎回、以前のデータからコピーする、
という手間があるので、
終わりにしたいと思っています。
だから、
これをみて、
「そうなのね、今日はそうなのね」
とタノシミにしてくれていた方、
ごめんなさい。



で、
じゃんけん。

これは、
残します。
もちろん。



以上を踏まえて、
最初はめちゃくちゃシンプルになると思いますが、
来週からちょっとずつ、
形づくってみようと思います。

そしてしばらくは、
コロコロスタイルが変わるかもしれないですが、
おつきあいください。


そんな感じで、
とにかく、
8月までは続けます。

その先はどうするか?
それはまた、その時考えたいと思ってます。


もし
「うーん、やはり無理かなぁ」
と思ったら幕をとじるかもしれないですが、
「これはまだまだタノシイぞ」
と思ったらその後もやっていけたらと。

そんな感じです。

 

なごむくん 「スタイル替えて1回目」
2005年1月26日のiモードのページから
----------------------------

先週、告知したように、
このページ、
5年つづけていたスタイルをちょっと変えていきます。

で、どんなスタイルにするのか、
今回は、
それは最初にカチリと決めずに、
アレコレしたりしながら、
決めたりしていこうかなぁ、
と。
そんな風に思ってます。

ああやったり、
こうやったりしつつ。
(と、それがスタイルになったりする可能性もアリ)



[ここまで午後5時17分今日の天気は晴れたりどんよりしたりでした]


と、こんな風に、
いろいろしたりの始まりです。


では、では今週はさようなら。



と、これじゃぁ、
あまりにあまりなので、
だらだらとこのまま、
もちょっと行きますね。


そう、
タイトルをねえ、
変えようかなぁとも思っているんですよね。
このページ、
iモードでない携帯電話でも見れるみたいなんですよ。

ただ、
どうもしっくり来るタイトルが思いつかなくて。

もうしばらく検討します。


[ニュースによると、3月以降は平年よりも気温が高めで、春が早くやってくるとか]


僕は以前は、
「青い色」が好きでした。
それも、青といっても、
ちょっとだけムラサキがかった濃紺。

シャツなどの服も、
その色を好んでいたし、
そういう色のビンを集めたりしたこともありました。

当然、描く絵にも、
好んでその色をつかいたがっていたんですけどね。

それが、
最近、ちょっと変わってきていて。

エンジとか、
赤っぽい茶色系が、
なんだか好きになっているんですよねぇ。
(もちろんまだ「青系」にもひかれますが)

あ、「青」のあと
「黒」の時代もあったかな?

そういえば、
もっと前、
うんと若い20才くらいのころの一時期、
「赤」が好きで、
赤いのシマのポロシャツや、
スニーカーや、
バドワイザーのTシャツや、
ブルゾンなど着たりしてました。

それを思えば、
「赤系」にちょっと帰ってきたのかもしれない。


好みって、
変わるんですね。

みなさんも、
色に限らず何か、
ここ数年で変わった好みとかありますか?


[ここまで午後6時8分]


以上、
そんなこんなで、
とりとめもなくやってきました。

 

なごむくん 「上に撃った弾はどうなる?」
2005年2月2日のiモードのページから
----------------------------

[ここまで午前11時45分・外は晴れ]


さて、
前から思ってたんだけど。

よく、
西部劇やアクションものなどでよく、空に向けて拳銃打ったりしますよね?
屋外で。

西部劇なら、
馬に乗って「ヒャッホー」ドキューンドキューンとか。
アクションなら、
自分に注目してほしかったり黙らせたかったりするときに。

あれ、
いつも思うんだけれど、あの空に撃った弾、どうなるんでしょう?
そのうち落ちてきますよね?

かなり高いところから落ちてくる弾は、
小さくても危険なんじゃないかなぁ。
工事現場ではボルトなども落とすと危険というし。

ドキューンと上に向けて撃った弾が、
しばらくして落ちてきて、
運悪くたまたま、
自分の頭や人の頭にあたったりする心配はないのかなぁ。
でもって、
ケガしたりとか、致命傷になったりしないのかなぁと。

「ヒャッホー」
ドキューンドキューン
ひゅーーーーーん、
ぎゃーーっ。
いたたた。

てなことに。


どうなんでしょう?


[キンカンを食べてます。値段の高めがやはりおいしい]

 

なごむくん 「気軽に神社・1円玉の直径」
2005年2月9日のiモードのページから
----------------------------

若いころはそんなこと思ってもいなかったんだけれど、
このごろは、
神社があると、
すぐに、ちょっと、
お参りしたくなります。

いや、
大きな神社とかでなくて、
街にひっそりとあるような、
ちいさな神社も。

「十分にご縁を」
と言ったりなんかして、
15円お賽銭をほり込んだりします。

でもって、
お稲荷さんがあれば、
赤い鳥居をくぐって、
お参りします。

それから、
一応、
お稲荷さんにもお参りを、
と。

「初詣」と、
「厄年の厄払い」だけしか、
神様に挨拶しないのは、
ムシがよすぎるゾ、
と思いつつ。

だから、
常日頃、
見かけたら、
気軽に、
「パンパン」と。

「気軽」に、
というところがポイントです。

「パンパン」


[ここまで午前11時45分・外は晴れ]


ところで、
知ってました?

1円玉の直径。

なんとなくの、
いつもの見た目のイメージで、
どのくらいの長さと思います?

当ててみましょう。





















実はですね。

2センチあるんです。

「え?そんなにあるの」
と思ってしまいません?

僕もそのことを書いてるものを読んで、
え?とおもったんですが、
これが、
計ってみると、
ほんとに2センチある。

近くに1円玉と定規のある人は計ってみてください。
ちゃんと2センチあります。

なんだかとっても、
不思議です。

いやぁ、
なんだか、
思いこみだけでは、
事実は、
わかんないものですねぇ。
このヨノナカ。

やはり、
普段から、
ちゃんと、
ココロしておきましょう。

「パンパン」


[いいミネラルウォーターは、高いんですね。でも、成分表示みたら、ぜんぜん違います]

 

なごむくん 「タラバガニとアブラガニ」
2005年2月17日のiモードのページから
----------------------------

このあいだニュースを見てたら、
「タラバガニとアブラガニの見分け方が解るようになった」
という記事がありました。

「なになに?」
と思ってよんでみると、
なんでも、
タラバガニとアブラガニというのは、
とてもよく似ていて、
なかなか簡単な見分けかたがなかったようです。

ので、
安いアブラガニを
タラバガニと偽って販売したりする問題もあったようですね。

それがこのたび、
比較的簡単な科学的な方法で、
判別できる技術ができた、
とのことらしいです。

別にそんなに普段の生活には関係ないことだけど、
正しいコトが解るようになるのは、
ヨカッタヨカッタ。

それにしても、
名前自体が似てますよね。

口をあまり開かないでモゴモゴと言ってみましょう。
「タラバガニ」
「アブラガニ」

似てません?

お客「これは、タラバガニ?」
店員「ァブァルァガニです」
お客「え?タラバガニ?」
店員「ァブァルァガニです」
お客「タラバガニですよね?」
店員「ァブァラァグァニです」

 

なごむくん 「キンカン&つい続けて歌う」
2005年2月23日のiモードのページから
----------------------------

もうすぐ春だれど、
今年は1度も風邪をひきませんでした。

ナゼか?

まぁ、
確定はできないし、
もしかしたら、
「風邪さえ入ってこない体になってしまった」
のかもしれないけれど、
1つ思っているのは、
キンカンです。

この冬は、
ずっとキンカンを食べていました。

買ってきたキンカンを、
水でササッと洗ったら、
小鉢に入れておきます。

部屋で1日作業するので、
ふと気づいた時に、
バクッとひとつ。

きっとそのおかげで、
風邪をひかなかったのに違いない、
アリガトウビタミンC、
と思ったりしているんですよね。

さて、
キンカン。
やはり、
有る程度のお値段のものを買った方が、
おいしい。

最初のころ、
くだもの屋で、
カゴにドパッと入って280円くらいのを買ったんですね。

そしたら、
ちょっと味が水っぽくて、
でも「まぁこんなものか」と思ってたんだけれど。

でも、
あるとき、
そのくだもの屋で
その「ガバッと280円」のよこにある、
見た目もちょっとオレンジがキレイな、
20個ほどで480円くらい、
のを買ってみたんですよ。
ものを。

そしたら、
ぜんぜん違う。

「480円」のは、
甘さと酸っぱさがハッキリクッキリで、
おいしいおいしい。
少なくても、
とっても満足。

やはり、
キンカンは、
いいのを買ったほうが正解です。
そのほが、
体にもよさそう。


ちなみに、
この冬の経験上、
スーパーのものより、
果物屋さんで買ったほが、
おいしかったです。

ありがとう。
キンカン。


[ここまで午後6時42分・今日はストーブなしだったのだけど足下が冷えてきました]


ところで、
桃の節句も近いので、
スーパーなどに行くと、
それらしい唄などが流れていますね。

♪お内裏さまとお雛さまー
♪二人並んで澄まし顔ー
♪お手々つないでみなかえろー
♪どうしてそんなにのろいのかー

と。

ついでに、
春の唄も歌いましょう。

♪はーるが来ーたーはーるが来ーたー
♪どーこーにーきたー
♪やーまに来ーたーさーとに来ーたー
♪野にもきたー
♪暗い夜道はピカピカのー
♪オマエのハナが役に立つのさー
♪真っ赤なお鼻のトナカイさーんはー
♪やーまに来ーたーさーとに来ーたー
♪野にもきたー

と。

アタマに絵を描きながら、
歌ってください。


[そろそろイチゴもおいしいよねぇ]

 

一番最初のコーナータイトルの状態にもどる。