なごむくん 「緑のビートル」
2005年3月2日のiモードのページから
----------------------------

と、
それから15分。
今、56分ですが、
ここに何を書こうかと、
うんうんうなっていましたが、
もう1つ、
思いつきません。

うーむ。

アナタは何か思いつきません?

今そこで回りを見渡して、
何かありません?

たとえば、
その回りに、
赤い服を着ている人は何人いるとか、
なんだか「面白いヒト」さっき発見したとか、
「おっ」と思うモノを見かけたとか、
部屋で「これをああしなければ」
なんて思ったとか。

何か、
周囲に見つけたり、
思ったりしましたか?


と、ここまで書いて思い出しました。

昔、
こんなことが言われてました。
遊びといっていいのかな。

「緑のビートル(フォルクスワーゲン)を見かけたら、
とてもラッキー。
続けてみたらもっとラッキー」

そういうのあったの、
知りません?

今時、
あんまり、
「緑のビートル」って見ない気もしますが、
今、外にいるアナタは、
探しましょう、
「緑のビートル」。

あるのかなぁ。
今。

 

なごむくん 「このあたりを語ります」
2005年3月9日のiモードのページから
----------------------------

僕の住んでいるところというのは、
イチバン近くの駅から、
歩いて12.3分くらいのところです。

駅の南の改札を出ると、
前にビルがいくつか並んでいて、
1階がお店になっています。

右から、
酒屋、処方箋薬局、美容室、本屋、パン屋、喫茶店、魚屋、くだもの屋、
などがあります。

2.3年前まで和菓子屋さんもならんでいて、
よく「いちご大福」などを買ったりしたんですが、
今はもうありません。

改札を右に向かって、
酒屋の角を左に曲がると、
UFJのATMコーナーとクリーニング屋、
それを過ぎて道路を渡ると、
角に散髪屋さん。
そこを右に進むと、
左にみなと銀行。
さらに行くと、
左にケーキの「高杉」があります。

「高杉」は、
よくテレビや雑誌などに紹介されているところで、
東京にも進出していて、
その本店です。

今はそこの2階も「高杉」のレストランなのだけれど、
数年前まで違うレストランで、
僕はそこの、「テーブルに持ってきてからパカッと卵を開いてくれるオムライス」
が好きだったのだけれど、
今はもうありません。

高杉の前の信号を渡ると、
前に写真屋さんがあります。
左に曲がって、
次の角をまた右に曲がります。

するとしばらくして、
「階段に犬がいる家」があります。
螺旋階段があって、
そこに犬が座ってます。
僕は「階段犬」と呼んでいます。

僕が初めてそれに気づいたときは、
柴犬系の犬が2匹でした。
もう8年くらい前のことです。
そのうち、
柴犬系の犬が1匹になり、
やがてそこに耳のたれた子犬が加わりました。
そのあとその子犬は大きくなり、
1匹になりました。
で、今はまた2匹です。
2年ほど前に、
小型犬が1匹加わりました。
チョロチョロしています。

さみしいのは、
この2匹になってから、
あんまり階段に座っていないことです。

その「階段犬」の家を過ぎて、
まっすぐに行くと行き止まりになっていて、
そこを左に曲がります。

しばらくすると、
右に小さくキレイな公民館があります。
ここは、
以前は「小さな幼稚園をその後公民館にした」
という感じのところでした。
「夏の庭」という日本映画のロケにも使われたところです。
1994年の映画です。
なんだかちょっとナツカシイ感じのいいところだったけれど、
今はもうありません。

その公民館を過ぎると、
右に曲がります。
しばらくすると坂になっていて、
上がりきった四つ角を過ぎて、
まだまっすぐと進みます。
すると、
道路はうねうねっと曲がり、
やがて再び四つ角に出ます。

その角の左に自動販売機があって、
そこは「坂口さん」のお家です。
最近、ララという犬が、
家族に加わりました。
何回か会ったのだけれど、
まだ慣れてくれなくて、
逃げてしまいます。

坂口さんのところから南に、
坂を下ると、
左が大きなマンション、
右が大きな空き地です。

左の大きなマンションは、
以前は大きなお家でした。
敷地で外国人の子どもの「プレスクール」をしていて、
平日のお昼ごろはとてもにぎやかでした。
右の大きな空き地も、
以前は大きなお家でした。
朝通りかかると必ずおばあさんが門のところを掃除していました。
木々が多く緑がタクサンでした。
どちらの家も好きだったのだけれど、
今はもうありません。


そして、
すぐ右手に、
僕の住んでいる3階建てのマンションがあります。

もう、
ここに来て、
今年で15年、
今もまだ住んでいます。


[ここまで午後6時39分。少しヒンヤリしてますが、暖房は入れてません。ほんと春がきたようです]


そういえば、
15年前、
ここに入ってから1週間くらいしたある日、
電話が鳴って出てみると、
「○○サンデェスカァ?」と、
外国人の声で間違い電話がありました。

「うーん、さすが神戸、外国人の間違い電話があるんだもんね。これからも頻繁にあるのかもだもんね」
と思ったりしたものです。

が、
しかし、
その後15年、
1度もありません。
それ1回こっきりでした。

まぁ、
そうだわなぁ。


[今日のお昼は中華定職でした。青椒牛肉絲と春巻きと中華スープでした]

 

なごむくん 「植木鉢を探して&ネコの逆襲」
2005年3月15日のiモードのページから
----------------------------

今、いい感じの植木鉢がほしいんですよ。

6年ほど育ててきたコーヒーの木があって、
今の植木鉢に替えてからもう5年半くらいで、
ちょっと木の大きさにすると小さくなってきたので、
一回り大きな鉢に替えたいんですね。

で、
次も、今使っているのと同じような、
素焼きの感じのいい鉢にしたいんですね。

ところが、
なかなか鉢が見つからない。

というか、
そういうのが置いてた店に、
もう置いていない。

そして、
それにもまして、
お店がない。

「あれぇ」
なんてコマッテしまってワンワンワンです。


そもそも、
今の鉢は、
ここから歩いて8分ほどのところにある、
「植木と花」のある、
小さいけれども感じのいい、
「スコップ」というお店で買ったんですね。

で、行ってみたんだけど、
こういう鉢類の種類がガクンと減っていて、
「いいな」と思うものがありませんでした。
だから、
他で探すことにしました。

で、ふと思えば、
当時は、この近くにもう一件、
そういうお店があったんですよねぇ。
でも今はもう無くて。

仕方がないので、
ここから西にある駅の近くの、
「あそこにそういう店があったな」
というところをあたってみることにしたんですね。

で、行ってみたんですが、
まず、「駅の中の植木などもある雑貨屋さん」
ここは、
観葉植物は今も置いてたけれど、
植木鉢はもうありませんでした。

次に、
駅の南西に2.3年くらい前に出来た、
ガーデニング雑貨の店。
これが無くなってました。

「ありゃぁ」
と思いながら、
次に国道2号線沿いにあった「花と植木」の店へ。
すると、そこも無くなって、
不動産屋になってました。

うろうろしながら、
他のそういう店も覗いてみたんですが、
いい植木鉢がおいてないんですよね。

うーん、
なんでやぁ。
今のコーヒーの木の鉢を買った頃は、
簡単にあの手の鉢をいくつか入手してたぞぉ。
ありゃぁ?
と。


つまりは、
ここ数年の「ガーデニングブーム」とやらも、
下火になってしまった、
という事なんでしょうか?

コマルなぁ。


次は、
雑貨屋などがタクサンある、
東隣の町の駅周辺に行ってみるつもりです。


[ここまで午後5時43分。今日も1日どんよりな感じでした。太陽が恋しい感じです]


さて、
今日出かけるとき、
外に出たら、
向かいのマンションの塀の近くにネコがいました。

何気なく見ていたら、
そのネコは、
住人がその塀のスキマに、
「ネコの通行除け」として置いてふさいでいる、
水の入ったペットボトルを、
「パシッ、ぎゅーっ、ゴトン」
と手で向こうに押し倒して、
スキマから中に入っていきました。

ありゃー。
もう通用しないのね。
あれは。

けど、
思えば、
そりゃそうだなー。
もう何年もやってるもんなー。
別にネコに直接害はないから、
慣れてしまうわなー。

「いつまでも怖がってへんでぇ」
と、
きっと今日も日本のあちこちで、
ペットボトルは、
ゴトンゴトンと、
倒されているのでしょう。


[自動販売機の前で財布を開けて、1万円札しかなかったら、とてもカナシイ]

 

なごむくん 「植木鉢見つかる&TV電波宇宙へ」
2005年3月23日のiモードのページから
----------------------------

先週、
「コーヒーの木を植え替え用に、
いい感じの植木鉢を探しているけど、
なかなか見つからない」
とゆー話しをしました。

それでその時も書いたように、
あれから「鉢探し」に、
ここより1つ東の私鉄の駅周辺に行ってみました。

そのあたりは、
神戸の一番東はずれに位置するところで、
住宅街だけれども大学などもいくつかあって、
その駅を南に降りて歩くと周辺に、
シャレた雑貨屋さんや飲食店があったりする街です。

そして通りを5分ほどブラブラすると、
すぐにJRの駅もあったりする、
交通も便利な、
そんなところです。

そのJRの駅近くに、
結構古くから「園芸の店」があります。
数年前に建物が新しくなって、
今は2Fにスターバックコーヒーなどが入っていたりします。

そこの店を最終目標にしてブラブラしながら、
途中の雑貨屋さんなどを覗いてみたものの、
どこでも「いい植木鉢」は見つからず、
結局最後にその「園芸の店」に行ってみました。

するとね、
あったんですよ。
いろいろと、
植木鉢。

候補としては3種類。

1つ目が、
フツーの植木鉢のような茶色で、
少し形がシャレている。
価格は580円くらいで安い。
ただ、気に入り度としては、
50%。

2つ目は、
ツヤのある塗りがしてあって、
雰囲気は悪くないけど、
色はちょっと違うかなぁ。
価格は1400円くらい。
気に入り度としては75%。

で、
3つ目がね、
素焼きの上にうっすら白い色が塗られていて、
すこし模様があって、
形も大きさもキモチ的にドンピシャ、
気に入り度は100%。
が、
価格を見て「おお」。
2400円。

うーん植木鉢に2400円。
どうだろうか。

少し迷った。

しかし、
改めて考えた。

これなら、
きっと、
10年20年は使える。
途中で飽きてしまうよりはいい。
プラスティックではないので、
いつか土に帰すその日まで、
ずっとあると思えば、
逆に高くはないはずだ。

よーし。
うりゃっ。

と、
その鉢をレジにもってゆき、
3千円を財布から出して、
おつりを6百円もらって、
帰ってきたのでした。


[ここまで午後5時31分。おや、窓の外が明るくなってきた。雨もあがったよう]


ところで、
この間知ったのだけれど、
テレビの電波というのは、
地上で飛びかっていますが、
宇宙にも流れ出ているそうですねぇ。

で、流れたテレビの電波は、
ずっとそのまま宇宙を進んでいるそうです。
5時間で太陽系の外まで出るそうです。

ちゅーことはですよ、
むかーし放映した番組の電波が、
そのまま宇宙を進んで、
かなり遠くの星まで届いているとゆーことらしいです。

さらに、
ちゅーことはですよ、
テレビ初期の、
「シャボン玉ホリデー」とか、
「スター千一夜」とか、
僕が子どものころに見た、
「ひょっこりひょうたん島」とか
「ウルトラQ」とか、
「鉄腕アトム」とか、
そんな番組の電波が、
どこかの知的生命体のいる星に、
届いているかも、
かもかもかもかもしれないっ、
ちゅうことらしいですよぉ。

いいなぁ。
その星の人たち。
一番活気のあったころのテレビを
「ナマ」で見れて。


(その生命体がその電波を、
画像に出来るかどうかはわからないじゃないか、
なんてこと言っちゃ、
いやよ)

 

なごむくん 「植木鉢のその後」
2005年3月30日のiモードのページから
----------------------------

さて、
先々週、先週、
と、
「コーヒーの木を植え替え用に、
いい感じの植木鉢を探していて、
なかなか見つからなかったけど、
この間見つかったので、
ちょっと値段はしたけれど、
無事買った」
とゆー話しをしました。

で、
昨日ようやく、
その鉢にコーヒーの木を植え替えました。

ヨカッタヨカッタ。

はい。

え?
それで終わりって?

はい。

え?
もちょっと何か言う事ないかって?

えー。
そうですねぇー。

昨日コーヒーの木を植え替えましたんですわ。
しかしまぁ、
植木鉢っちゅうもんは、
使っている時はよろしいが、
使っていない鉢っちゅうのは、
置き場所にコマルもんですな。
で、どこに置こうかなぁ、
と思って探したんですが、
どこも場所が空いてないんですな。
アタマの中でも、
「どこがあいてたっけ?」と考えたけれど、
思い付かないんですな。
うーん、
これはこまった。
で、考えて鉢を眺めているあいだに、
「あ、そこがあいてる」
と思ったんですな。
なるほどなぁ、
と思いましたわ。
で、見てみたら、
ほんとにそこがあいてたんですわ。
え?
で、結局どこに置いたかって?
いえいえ、
置き場所は見つかりません。
え?
今あいてる言ったって?
いえいえ、
違いますがな。
植木鉢だけに、

「底があいてる」


♪チャンリンチャンリン、
デンデンっ


[今日入ったうどん屋さんは、タマゴがサービスでした]

 

なごむくん 「神戸の景色を写真でどうぞ&ナマを見たい」
2005年4月6日のiモードのページから
----------------------------

さて、
今日、急遽、
三ノ宮に行ってきました。

三ノ宮という街は、
今の神戸では中心地になっている、
にぎやかなところです。

画材や紙や、
パソコン用の用紙や、
CD-Rディスクを、
買っておかねばならなくなって、
うりゃっ、と行ってきました。

で、
ひととおり買い物をすませて、
いつもならば、
決まった喫茶店に行って、
ちょっと休憩してから帰るのだけれど、
あまりに天気がいいので、
ちょっといつもと違ったところで、
お茶することにしました。

でで、
どこにしようかなぁ、
と見渡して、
「あっ、あそこは今まで行ってない」
と気づいたところがありました。

三ノ宮の駅からまっすぐに南に行ったところに、
神戸市の市役所があります。
いくつか庁舎があるんだけど、
今から15年ほど前に30階建てのデカイ庁舎(1号館)が、
出来ました。

あの上の方に、
たしかレストランとかカフェとかがあるはず。
そういえばあそこは行ったことないぞぉ。
と、
思い出して、
そこに行ってみることにしました。

帰ってするべきことはタクサンあるんだけど、
まぁ、30分くらいなら、
みなさんも許してくれるだろう。

ということで、
エレペーターに乗って、
24階。
そこのカフェ「コンフォート」に入りました。

うん、
客も少ない。
おおっ、
東がわを向いた窓際のカウンター席がある。
ニコニコとそこに着席。

少し小腹が減っているので、
サンドイッチと、
そしてコーヒーを頼みました。

うーん、
天気がいいので、
景色もいい。

右側に見える南には海。
左側に見える北には山。
真下には大きな街並み。
うーん、
これが神戸のいいところ。

僕が見た、
24階からの景色、
ちょっと、
見てみます?


まずは、
向かって右の南側。
ここからどうぞ(2.)

次に、
向かって左の北側。
ここからどうぞ(3.)

いかがでしたか?

「今地震がきたらめちゃくちゃ揺れるだろうなぁ」
てなことも、
ちらっと考えながら、
ちょっとひととき、
景色を眺めていたのでした。


[4月6日は「城の日」です。し・ろ、ですね。最近城に行ったのはいつですか?]


実は、
先週も時間の合間をくぐって、
京都に行ってきました。

美術館に絵を見に行ってきたんですけどねぇ。
なんかよかったです。
絵はもちろん、
京都の街も。
歩きに歩きました。

今年、
1つ決めたのは、
「ナマの絵を見に行こう」
ということで。

やはり、
本や画像ではない、
ナマの絵がみたいなぁと。

街や町もそうですねぇ。
実際に自分の足で歩いて、
隅々から見るのがいいなぁと。

情報が発達して、
いながらにして、
いろいろと知った気になることができるようになると、
逆に、
目の前の、
ナマのホンマもんが、
やっぱりいいなぁ、
「絵」も、
「街」も、
そして、
「人」も、
と、
思ったり、
するんですよねえ、
このごろ。

 

なごむくん 「育った街に行ってきた&ホコリ」
2005年4月12日のiモードのページから
----------------------------

さて、
先週の土曜に、
「育った街」に行ってきました。

僕の育った街というのは、
今住んでいる神戸市の東隣りにある市です。

結構全国的に、
高級住宅街として有名なんだけれど、
僕の育ったところは、
どちらかというと下町です。
どこの街もそうだけど、
その街にもいろんな場所があります。

で、
JRの駅を降りて、
南にまずまっすぐ歩いていきました。

昔はそこは近くに商店街とスーパーがある、
単なるバス通りでした。
サクラの木が何本も植わっているので、
よくバスの中から眺めたりしたものです。

今はオシャレな雑貨屋やカフェが出来ていたりして、
サクラを眺めながらタクサンの人が歩いてました。
「シャレた雰囲気になったなぁ」
なんて思ったり。

それにしても、
「育った街」というのはいいですねぇ。
結構この数年変わってしまっていたりもするんですが、
なんか、
空気みたいなのが、
やはりしっくりきます。

さて、さらに、
海の方向へと歩いて
昔住んでいたあたりへと行ったんですが、
長くなりそうなので、
続きはまたの機会に。


[マフラーとか手袋とか、そろそろ片づけなければ、と思ったり]


ところで、
みなさんは掃除は好きですか?

あの、
「ホコリ」というやつは、
ほんとに知らないあいだに、
部屋の隅っこや、
電話の上や、
リモコンの上や、
テレビの画面や、
窓の「さん」とかに、
いますよねぇ。

「このあいだ掃除したばっかりなんじゃない?」
と思っていても、
実は1週間ほどたっていたりして、
そのあいだに、
あのホコリのみなさんは、
さーっと、
ならんでますよねぇ。

部屋の隅のホコリなどは、
風などで集められて、
ひとかたまりになって、
通るたびに、
くるくるくるくるーっ、
くるくるくるくるーっ、
と転がってたりするんですよねぇ。

常に「ホコリ」がないようにするためには、
しょっちゅー掃除してなくてはならくてね。

だからといって、
最近売ったりしている、
「勝手に動いて掃除してくれる、てんとう虫のような形の掃除ロボット」
を買おうと思わないなぁ。

まぁ、
「ホコリ」がたまる、
というのはこの地球に生きているシルシでもありますね。
掃除してないのにまったくホコリがなければ、
それはそれでコワイ。

ホコリは、
生きて動いている
「誇り」であり、
「ほっこり」でもあるんでしょうか。


ともかく、
自分は掃除していないのにホコリのない家に住んでいる人は、
マメにせっせと掃除してくれている、
お母さんか奥さんに感謝しましょう。

自分はしてないのに、
他人の家に行って「ホコリ多いなぁ」なんてエラソに言うのは、
×ですよ。

 

なごむくん 「神戸に茶畑があった&切り身という漢字」
2005年4月26日のiモードのページから
----------------------------

さて、
24日の日曜日、
あまりに天気がいいので、
例によって疲れたキモチの洗濯がてら、
ぶらぶら歩きをしてきました。

バクゼンとした目標地点は、
1つ西にある区の山の手。
といってもここから歩けばすぐに、
その区に入るんですが。

まず、
六甲山への登山バスもある阪急電車の駅の、
すぐそばの「阪急そば」へと行って、
肉うどんとかやくご飯を食べたあと、
北へテクテクと歩いてバス通りに出て、
そこを西へ行きました。

途中にある護国神社を通りかかると、
バザーをやっているので、
缶コーヒー片手に、
ちょっと覗いてみました。

「そういえば13年くらい前に仕事の知り合いと、
ここでバザーを出店したなぁ。
粘土で作った首飾りを売ったなぁ」
なんて思いつつ、境内をぐるりと。

それから、さらに山手へ。
気分任せに歩いて、
坂を上ったり下ったりしていると、
木々の間から、キラキラと青い色が。

キレイだなぁ、
と思って確認すると、
それは県立神戸高校のプールでした。
「ああ、こういうのがキモチよさそうな季節になったなぁ」と。

またしばらく歩くと、
たしか、
昔大阪で働いていた頃に、
同じ会社で働いていた、
オーストリラリア出身のアレックスさんが、
その当時住んでいたところへと。

会社の人と一度おじゃましたことがあるので、
古い文化住宅だったという薄い記憶を頼りに探してみたけれけど、
見つからず。
震災でなくなっちゃったのかもしれません。
ちなみに、
アレックスさんは今はイギリスにいるそうです。

アレックスさん元部屋さがしはあきらめて、
さらに坂を上って山の方へ。
やがて木々でかこまれたハイキングコースへと。
途中、ハイキング帰りの人たちが何度か向こうから。
山登り完全装備姿のヒトに「こんにちは」と声をかけられ、
街歩き姿の僕はちょっと照れたように、
「こんにちは」と。

で、しばらくその道を歩いていると
突然左手の斜面に小さな木が並んだ段々の畑が。
「え?これは、もしかして茶畑?」

東海道新幹線に乗ったとき、
静岡あたりでたくさん見かける、
あの茶畑と同じ感じの段々の小さな畑が。

神戸に茶畑があるなんて聴いたことがない。

で、見ると、
「神戸で唯一の茶畑」という看板が。
そうかぁ。神戸で唯一の茶畑かぁと。

その横にある茶店に入って、
お茶と団子を頼んで、
竹林ごしに山陰をみて、
お店のおばさんと話をして、
茶葉と団子を買ってお金を払って、
それから来たハイキングコースを引き返し、
住宅街まで戻って、
一番近い駅から電車に乗って、
帰ってきました。

そんな、
日曜日でした。


[情報や流行や繁華街に疲れたアナタには、小さな発見、近場歩きがオススメ。]


ところで、
肉などの、
「切り身」ってありますよね?
文字通り、
切った肉です。

この「きりみ」。
ひと文字の漢字があるの知ってました?

「臠」
と書くらしいです。

その画面でわかります?
「糸」「言」「糸」
と書いてその下に、
「肉」です。

1つ1つ の漢字は簡単なのに、
合体するとすごい漢字ですね。

 

一番最初のコーナータイトルの状態にもどる。