なごむくん 「記憶に自信ありますか?」
2000年3月1日のiモードのページから
----------------------------

僕は会社勤めではなく、個人で仕事をしているので、 確定申告を自分でしなければなりません。 今年もその季節がやってきたのだけれど、 29日に、ようやく「えいやー」と処理しました。
結構メンドクサイのだけれど、 なんだか「自分のチカラで金銭を手にいれて、キチンと処理もしている」 という実感があって、そういう意味では確定申告はキライではないんです。

ただ、年に一度なので、やりはじめの時は、わすれちゃっててねー。
これだけは、コマルんだな。
みなさんは、1年前の事をどれだけ憶えていますか?
記憶には自信ありますか?
僕は「感情の伴っていない記憶」に関しては、カラキシ駄目です。

そんなこんなの2月も終り、
いよいよ3月です。

 

なごむくん 「レモンコーヒー」
2000年3月15日のiモードのページから
----------------------------

今日はちょっとお飲み物ばなしを。

「レモンコーヒー」というのを飲んだ事がありますか?
というと、よく「ええっー?」と言われるのですが、 これがケッコウおいしい。

学生時代、感じがいいので仲間でよく行った喫茶店があったのだけど、 そこに「レモンコーヒー」なるメニューがありまして、 なかなか「美味」だったので、よく注文してました。

作り方は、そのまんまで、コーヒーにレモンをギュッとしぼって、 ほんでもってレモンを浮かべたものなのだけど、 コツとしてはコーヒーを少し薄目にいれる事です。

理想は「豆でひいた」ホンモノのコーヒーなんだけど、 インスタントの場合もモノよっては、薄くいれるとソコソコだったりします。

まぁ、それが「お口」にあうかどうかはわかんないけれど、 もし「冒険ごころ」があったらやってみてはいかがでしょう。

そんなこんなの夕暮れです。

 

なごむくん 「神戸のイノシシ」
2000年3月21日のiモードのページから
----------------------------

ほんとに春が近くなってきました。

このあたり、神戸の住宅街で、ホントに便利なところなのですが、 意外なことに春になるとイノシシがノコノコ降りてきたりします。
まぁ、六甲山にピッタリと接しているからなのですが、 突然夜にマンションの脇から「ひょいっ」と出てきて「うわっ」とビックリした事もあります。
主に、収集前のゴミをあさりに来たりするのですね。

おととしは本当に頻繁に来てました。 でも、去年は全く見かけませんでした。
何か対策がとられたのか、山に食料が豊富にあったのか。
で、今年はどうなんだろうか? と、ちょっと楽しみだったりします。
皆さんのところは、何か自然の動物が出たりしますか?

自然の動物が出るところは、それだけ自然と接しているいいところなのです。
きっと。
大切にしなければ。

そんなこんなの春間近です。

 

なごむくん 「レモンコーヒーその2」
2000年3月28日のiモードのページから
----------------------------

先々週お伝えした、「レモンコーヒー」。
揖保郡のさよさんが、挑戦したそうです。報告がありました。
なかなか気に入ってもらえた模様。

えー、実は、 「レモンコーヒー」の紹介をしたのですが、 僕自身はほんとにしばらくしていませんでした。
で、ちょっと久方ぶりにやってみました。
レモンを買って。

飲んでみたら、ちょっとまだ追及の余地がありましたね。
コーヒーはやはりちょっと薄目がいい。
レモンはちょい多めに絞りこんだ方がいい。
でも、あまり絞りすぎると、「ほとんどホットレモン」になっちゃうので、 そのへんがポイントかな。
絞って、まぁ、見た目の為に薄切りレモンも浮かべたりするのがいいですね。
お砂糖は好みにもよると思うけれど、少し甘めの方がいいかもしれない。
そんな感じでした。

だれか他にやって見た方はいますか?
どうだったでしょう?
成功しましたか?

しばらく、レモンコーヒーがつづきそうな毎日、 そんな感じです。

そうそう、
その「レモンコーヒー」が置いてあった昔よく行った喫茶店には、「杏子コーヒー」というのもありました。
うーん、それは、また今度。

とにかく、春がほんとにすぐそこまで。

 

なごむくん 「パーフェクトレインボー」
2000年4月4日のiモードのページから
----------------------------

今日ラジオで聴いたのですが、 「パーフェクトレインボー」という言葉をしってますか?
そのまんまの意味で、完璧な虹の事です。 グルッと180度描かれた虹の事です。 見たことありますか?

僕どうかなぁ。
見たことがあるような、無いような。

最近の虹で憶えているのは、 夕方に電車に乗ってドアのところに立っていたら、 空に虹がかかっていて、なんだか普段の電車よりも得した感じがして、 乗っている間ずっと虹をながめていました。
パーフェクトではなかったですが。

「パーフェクトレインボー」。
見てみたい。
高い足場でしたらいているSさんや、 船の仕事をしているWさんなどは見たりする事があるのではないでしょうか? どうですか?

とにかく、雨上がりに晴れたら、空を見てみましょう。
そんな感じです。

 

なごむくん 「ふと、宗教の勉強」
2000年4月18日のiモードのページから
----------------------------

ずーっと不思議だった事が最近解明。
「ユダヤ教」と「キリスト教」と「イスラム教」。
それらが原因で戦争をしたりしてるけれど、 「どうちがうの?」というのがイマイチ解らなかったんです。

簡単に調べたところ、 まず、3つともが「旧約聖書」というものから始まってるものなんですね。
アダムとイヴとかノアの箱舟とかバベルの塔とか出てくるアレです。

これはもともと中近東のユダヤ人のものだったのです。
そう、僕らはなんとなく「聖書」と聴くと「キリスト教」と思っちゃうけど、 「旧約聖書」はもともと中近東のユダヤ人だけの為の「教え」だったんですね。
「ユダヤ教」はそこから来ているんです。

で、その流れの中から反発するかたちでうまれたのが「キリスト教」で、 ユダヤ人に限らず広く布教を始めました。
そしてキリストは神の子とされてます。
「旧約聖書」にプラス、キリストの弟子たちがまとめた「新約聖書」を「教え」としてます。

んで、もちょっと時代がたって、「旧約聖書」の流れの中から形づくられたのが、「イスラム教」です。
上の2つとはちょっと神さまに対する考えが違っていて、 「アラーは、宇宙全ての物にわけへだてなくお慈悲をくれる」と比較的平等なもので、 そのかわり、戒律がなかなかきびしい。
そして、「神様はアラーだけ」なので、「キリストを神の子とするキリスト教」の事は無視してるんですね。
「旧約聖書」にプラス、マホメットのまとめた「コーラン」を教えにしてます。

つまりは、みんな「遠縁」にあたる訳で、「どうして争うの?」と思ってしまいますね。
でも、「親戚同士のいさかい」なんてのはやっぱりドコでも「どろどろ」になっちゃうのでしょう。

今週は「まじめ」な話しでしょ?
たまにはね。
(こまかい部分、まちがってたらゴメンなさい)

そんなこんなです。

 

なごむくん 「フォーチュンをつかもう」
2000年4月26日のiモードのページから
----------------------------

今日もまたラジオからの聞きかじりをお伝えしましょう。

フォーチュンという神様がいるそうです。 (うーん、なんか最近こんな話が多いですね。決して宗教の番組ではありません。んふふ)

この神様は幸運の神様なのです。

で、この神様は髪の毛が長いのですが、 後頭部にはまったく毛がなくてツルッとしてるそうです。
ちょっとカッコワルイ。

さておき、 そんなとってもファンキーな髪型のフォーチュンなので、 うしろからこの「幸運の神様」をつかまえようとしても、 ツルッとしてるのでつかまえられないのです。 (洋服をつかめばいいじゃないか?などと僕が最初おもったようにつっこんではいけません)

だから、フォーチュンを、つまり幸運をつかまえたいならば ちゃんと来るところに自分から先に行って待っていて、 フォーチュンがきたら前髪をしっかりつかまなければ、つかまえられないのだそうです。 (ヨコの髪ではイケナイのか?とつっこんではいけません)

つまりは、幸運というものは、 ぼんやりしてると通りすぎてしまう。
あとから気づいても遅い。
自分から積極的に先につかみに行くものだ。
と、いう事なのでしょう。

フォーチュン。
つかまえにいきましょう。

そんなこんなです。
このごろ、いい話が多いなぁ。

 

一番最初のコーナータイトルの状態にもどる。