TO :
FROM :



SUBJECT:
こんにちは。

どかーーん。

さぁ、マウスをにぎって、
みぎ・ひだりに思っきりうごかそう!

それー。シャカシャカシャカー。
もっぺん。しゃかしゃかしゃかー。
「シェイクシェイクシェイク!」

こんどは、マウスをもって、上にあげて下におろす。
それー!

トントントントントントントン!
一緒に、
トントントントントントントン!
「ヒットヒットヒット!」

はい、それいじょうすると、マウスがこわれるきん、
おしまい。

ねぇねぇ、
きみのお父さんやお母さんっって、
ようおこる?
うるさい?
「べんきょうせい」っていう?

なんでやろな。

お父さんやお母さんは、子供んころ、そなんキチンとやっとったんかなぁ?

たぶんちゃうとおもうで。

お父さんもお母さんも、こどもんころはきっと、
「おやはうるさい!」て思たり、
べんきょうがキライやったり、あそんでばっかりおったり、
さわぐのがすきやったり、ぼーっとしとったり、
お父さんやお母さん(つまり、おじいちゃんやおばあちゃん)におっかれたりして、
「なんでー」て思たりしとったんやで。
たぶんな。

ほんだら、自分もそうやったのに、
なんできみたちに、いろいろ言うんやろな。

大人んなると、かわってしまうんかなぁ?

ううん。
たぶんそうやないと思うで。
ぼくは「おとな」やからわかるけれど、
「にんげん」って、「こども」んときも、「おとな」んときも、
じつはそなんかわらんのや。
きみたちはまだわからんかもしれんけど、
「おとな」んなっても、きほんてきな「じぶん」は、
きみたちのころとかわらんのや。
知っとった?

「おとな」んなったらなんでもうまげんいって、なんでもわかる、
いうわけやないんや。
いろいろと「なんで?」とか、
きみたちの同じように、そんなことばっかりなんや。
知っとった?

やきん、「おとな」んなってかわったいうわけやないんや。
きっと。

ほんだら、なんで、お父さんやお母さんは、
いろいろやったり言うたりするんやろう?

それはな。
お父さんやお母さんは、「おや」をせんといかんからなんや。

「おや」んなったらな、なんせじぶんのことだけやなしん、
「おや」としていろいろやったり、いろいろ言うたりせんと、
いかんのや。
ときどき「おや」をするんにつかれても、
やっぱり「おや」をせんといかんきんなんや。

もしかしたら、
きみのしらんとこで、ときどき、
「わたしはおやとしてしゃんとしとんかなぁ」とか、
「だんだんとしとってしもうてイヤやなぁ」とか、
「こんなおやんなってしもうたじぶんがキライやわぁ」とか、
そやんふうに、ちょっとなやんだりしとるかもしれんのや。

ほんで、そういうのがあるからはんたいに、
「わたしはおややきん、エライんや」なんて、
ちょっとじぶんに自信をつけたぁなったりするんや。

やきん、そのへんをくみとったげて、
おおきなこころで、せっしてあげてぇな。

けんかしたりわろぅたり、わいわいするんが、
「かぞく」のええところでもあるきん、
ときには、おもいきりくちごたえするんもええけどな。
まぁ、ときどきは言うこともきてあげようや。

たのんだで。

ほんだら、もっぺんだけ「シェイクシェイクシェイク」しておわかれしよう。

シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカー。
「シェイクシェイクシェイク!」

バイバイ。

もどる