TO :
FROM :



SUBJECT:
こんにちは。

どかーーん。

さぁ、マウスにぎって、
みぎ・ひだりに思いっきりうごかしてみ!

それー。シャカシャカシャカー。
もういっかい。シャカシャカシャカー。
「シェイクシェイクシェイク!」

こんどは、マウスをもって、上にあげて下におろしてみ。
それー!
トントントントントントントン!
一緒に、
トントントントントントントン!
「ヒットヒットヒット!」

はい、それいじょうやったら、マウスこわれるから、
おしまい。

なぁなぁ、、
きみのお父さんやお母さんって、
よくおこる?
うるさい?
「べんきょうしろ」ってゆう?

なんでなんやろな。

お父さんやお母さんは、子供のころ、そんなにキチンとしとったんやろか?

たぶんちゃうとおもうで。

お父さんもお母さんも、こどものころはたぶん、
「おやはうるさいなぁ!」とおもたり、
べんきょうがキライやったり、あそんでばっかりおったり、
さわぐのがすきやったり、ぼーっとしとったり、
お父さんやお母さん(つまり、おじいちゃんやおばあちゃんやな)におこられたりして、
「なんでー」なんて思ったりしとってんで。
たぶんなぁ。

ほんなら、自分もそやったのに、
なんできみらに、いろいろ言うんやろなぁ。

大人になったら、かわってしまうんやろか?

ううん。
たぶんそやないと思うでぇ。
ぼくは「おとな」やからわかんねんけど、
「にんげん」って、「こども」のときも、「おとな」のときも、
じつはそんなにかわらへんねん。
きみらはまだわからへんかもしれへんけど、
「おとな」になっても、きほんてきな「じぶん」ゆうんは、
きみらのころとあんまりかわらへんねん。
知ってた?

「おとな」になったらなんでもうまいこといって、なんでもわかる、
ってゆうわけやないねん。
いろいろと「どして?」とか「なんで?」とか、
きみらとおんなじように、そんなことばっかりやねん。
知ってた?

そやから、「おとな」になってかわったーゆうわけやないねん。
たぶんな。

ほんなら、なぁんで、お父さんやお母さんは、
いろいろしたり言ったりすんねやろ?

それはなぁ。
お父さんやお母さんは、「おや」をせんとあかんからやねん。

「おや」になったらなぁ、とにかくじぶんのことだけやなくて、
「おや」としていろいろとしたり、いろいろと言ったりせなあかんねん。
ときどき「おや」をすんのにつかれても、
やっぱり「おや」をしとかなあかんねんな。

もしかしたら、
きみのしらへんとこで、ときどき、
「わたしはおやとしてちゃんとやってんねんやろか」とか、
「だんだんとしをとって、いややなぁ」とか、
「こんなおやになってしまったじぶんがキライやなぁ」とか、
そんなふうに、ちょっとなやんだりしてるかもしれへんねんな。

また、そうゆうのんがあるからはんたいに、
「わたしはおややねんから、エライんや」なんて、
ちょっとじぶんに自信をつけたくなったりすんねん。

そやから、そのへんをくみとってあげて、
おおきなこころで、せっしてあげてな。

けんかしたりわらったり、わいわいすんのが、
「かぞく」のいいところでもあるねんから、
ときには、おもいっきりくちごたえするのもええけどな。
まぁ、ときどきは言うこともきいたって。

たのんだで。

ほんなら、もう一回だけ「シェイクシェイクシェイク」しておわかれしよか。

シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカー。
「シェイクシェイクシェイク!」

バイバイ。
もどる