TO :
FROM :



SUBJECT:
こんにちは。
もし夜なら、こんばんわ。

空がどうして青いか知ってますか?


「光」というものは、色がついていないように見えて、
実はいろんな色が集まってできています。

そう、小学校の頃にプリズムで7色に分解する実験とかしましたよね。
それから虹も7色ですね。
(おおざっばに分類するともっと少なかったり、細かく分類するともっと多いのだけれど)

それぞれの色は波長がちがっていて、
紫・青・緑・黄緑・黄色・オレンジ・赤。
この中で左にいくほど波長が短くて、右にいくほど波長が長いんです。

これってなんか、あたまでは理解しにくいのだけれど、
つまり、光はいろんな色からできていて、
それぞれが「プルプルプル」って小さくふるえながら進んでいて、
そして色によって震える長さがちがうという事なんですよね。

紫とか青は「プルプルプルプルプル」とこまかく震えながら前に進んでいて、
赤は「プルーンプルーン」と大きく震えながら前に進んでいるって事かな。

ここまで、色には「波長」の違いがあるというのはわかりましたか?

そして、波長がちがうと「反射」や「屈折」の度合いが、
変わってくるのです。
短いほど、「反射」や「屈折」が大きく・深くなるのです。


さてさて、
太陽からやってくる光というのは、大気を通ってくるのですけど、
そのときに上空の大気中の水滴なんかで、屈折したり拡散して7色に分解されます。

波長の長い「赤」はそれほど拡散せずに地上までふりそそいできますけど、
波長の短い「青」は大気の中でなんども拡散をくりかえしてから落ちていきます。

つまり、もっと解りやすくいうと、
スラッとした「赤」くんは、スイスイスイっと大気を通ってきますが、
ガチャガチャした「青」くんは、大気の中であっち行ったりこっち行ったりして、
もたもた、わいわいやっているのです。

ようするに、ぼくらが見上げる空は、
「青」くんが、空に残って、がちゃがちゃやってるところなのです。

だから、空は青いのです。
(細かいところまちがってたらごめんなさい)

おもしろいですよね。



でも、もうひとつ。

「僕らがふと見上げたときに、なんかホッとするように、青い色をしている」

これが答えだと信じていたとしても、
べつに間違っていないですよね。

じゃ、また。
もどる