TO :
FROM :



SUBJECT:
こんにちは。

どかーーん。

さぁ、マウスをにぎって、
みぎ・ひだりに思いっきりうごかしてん!

それー。シャカシャカシャカー。
もういっかい。シャカシャカシャカー。
「シェイクシェイクシェイク!」

こんどは、マウスをもって、上にあげて下におろす。
それー!
トントントントントントントン!
一緒に、
トントントントントントントン!
「ヒットヒットヒット!」

はい、それいじょうやっとると、マウスがこわれてまうから、
おしまい。

ねーねー、
おまえんとこの、とーさん・かーさんてー、
よくおこっとる?
うるさあ?
「べんきょうしろ」っていっとる?

なんでなんだて、なぁー。

とーさん・かーさんてー、子供んころ、そんなにキチンとしとったのかなぁー?

たぶんちゃうとおもうてー。

とーさんもかーさんてーも、こどもんころはきっと、
「おやはうるさーてぇ!」と思っとったり、
べんきょうがキライだったり、あそんでばっかだったり、
さわぐのがすきだったり、ぼーっとしとったり、
とーさん・かーさんてー(つまり、おじいちゃんやおばあちゃんだて)に
おこられとったりして、「なんでぇ」なんて思っとったりしとったんだて。
たぶんね。

んじゃぁ、自分もそーだったのに、
どーしておまえんらーに、いろいろ言っとるんだろうね。

大人になると、かわってまうのかなー?

ちゃうてーー。
たぶんちゃうと思うんだがん。
オレは「おとな」だでわかっとるけど、
「にんげん」って、「こども」んときも、「おとな」んときも、
じつはそんなにかわらんのだて。
おまえんらーは、まだわからんかもしれんけど、
「おとな」になっても、きほんてきな「じぶん」は、
おまえんらーのころとかわっとらんのだって。
知っとった?

「おとな」になったらなんでもうまくいって、なんでもわかる、
というわけじゃあないんだて。
いろいろ「なんでぇ?」とか「なぜ」とか、
おまえんらーと同じよーに、そんなことばっかりなんだてー。
知っとった?

だで、「おとな」になってかわっとるわけじゃないんだわー。
きっと。

んじゃ、どーして、とーさん・かーさんは、
いろいろしとったり言っとったりしとるんだろ?

それはねー。
とーさん・かーさんは、「おや」をしとらなかんのだわ。

「おや」になったら、とにかくじぶんのことだけじゃなくて、
「おや」としていろいろとしとったり、いろいろと言っとらな
かんのだてー。
ときどき「おや」をするのにつかれとっても、
やっぱ「おや」をしとらなかんからなんだて。

もしかしたら、
おまえのしらんとこで、ときどき、
「わたしはおやとしてちゃんとしとるんかなぁー」とか、
「だんだん、としをとっとってヤだてぇー」とか、
「こんなおやになっとるじぶんがキライだてー」とか、
そんなふうに、ちょっとなやんどるかもしれんのだにー。

また、そーゆーのがあるではんたいに、
「わたしはおやだで、エライんだて」なんて、
ちょっとじぶんに自信をつけたくなっとるんだわ。

だで、そのへんをくみとったって、
おおきなこころで、せっしてあげとったってーー。

けんかしとったりわらっとったり、わいわいしとるのが、
「かぞく」のいいとこでもあるんだで、
ときには、おもいっきりくちごたえしとるのもいいけどね。
まぁ、ときどきは言うこともきいてあげたって。

たのむてーー。

んじゃ、もう一回だけ「シェイクシェイクシェイク」しておわかれしとこまい。

シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカー。
「シェイクシェイクシェイク!」

じゃーねー。
もどる