TO :
FROM :



SUBJECT:
こんにちは。

どかーーん。

さぁ、マウスをにぎって、
みぎ・ひだりに思いっきりうごかせて。

それー。シャカシャカシャカー。
もういっかい。シャカシャカシャカー。
「シェイクシェイクシェイク!」

こんどは、マウスをもって、上にあげて下におろすんさ。
それー!
トントントントントントントン!
一緒に、
トントントントントントントン!
「ヒットヒットヒット!」

はい、それいじょうすっと、マウスがこわれるっけ、
おしまい。

ねえねえ、
あんたちの父ちゃん母ちゃん、
よくおこるけ?
うるさいん?
「べんきょうせぇ」って言うん?

なんでだろっかねぇ?

父ちゃんや母ちゃんは、子供のころ、そんなにキチンとしてたんだろっかねぇ?

たぶんちがうんさ。

父ちゃんも母ちゃんも、こどものころはきっと、
「おやはうるさい!」と思ったり、
べんきょうがきらいだったり、あそんでばっかいたり、
さわぐのがすきらったり、ぼーっとしたったり、
父ちゃん母ちゃん(つまり、じぃちゃんばぁちゃんだこってね)におこられたりして、
「なんでなん」なんて思ったったりしたんて。
たぶんね。

じゃあ、自分もそうだったってがに、
なーしてあんたちに、いろいろ言うんだろっか。

大人になっと、かわっちゃうんだろっかね?

ううん。
たぶんそんつぁ事ねぇと思うんさ。
オレ「おとな」だっけ、わかるろも、
「にんげん」て、「こども」のときも、「おとな」のときも、
じつはそんなにかわんねんさ。
あんたちはまだわかんねかもしれないろも、
「おとな」になっても、きほんてきな「じぶん」は、
あんたちとかわらねんさ。
知ったった?

「おとな」になったらなんでもうまくいって、なんでもわかる、
というわけじゃぁねんさ。
いろーいろ、「どうしてかね?」らの「なんでなんて?」らの、
あんたちと同じように、そんつぁことばっかなんだわんね。
知ったったろっか?

だから、「おとな」になってかわったっていうわけではねんさ。
きっと。

じゃ、なして、父ちゃんや母ちゃんは、
いろいろしたり言ったりするんだろっか?

それはね。
父ちゃんや母ちゃんは、「おや」をしんきゃだめらっけなんさ。

「おや」になったらば、とにかくじぶんのことだけじゃなくて、
「おや」としていろいろとしたり、いろいろと言ったりしなければいけないんだわ。
ときどき「おや」をするのにつかれても、
やっぱり「おや」をしねぇとなんないからなんさ。

もしかしたら、
あんたちのしらないところで、ときどき、
「オレはおやとしてちゃんとしてるろっかねー」とか、
「だんだんと、としをとってしまってイヤらわねー」とか、
「こんなおやになってしまった自分がキライだわんね」とか、
そんなふうに、ちーとばかなやんだりしてっかもしれねんさ。

また、そういうがんがあるっけ、はんたいに、
「オレはおやだっけ、エラいんさ」なんて、
ちーとじぶんに自信をつけたくなったりするんさ。

だっけさ、そのへんをくみとってやって、
おおきなこころで、せっしてあげてくれね。

けんかしたりわらったり、わいわいするがんが、
「かぞく」のいいところでもあるっけ、
ときには、おもいっきりくちごたえすんのもいいろもね。
まぁ、ときどきは言うこともきいてあげよて。

たのんだよ。

じゃ、もう一回だけ「シェイクシェイクシェイク」しておわかれしようて。

シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカー。
「シェイクシェイクシェイク!」

バイバイ。

もどる