<<メニューにもどる
「蒼林檎の育て方」小学生編 
 文・溝口広久さん 
小学校の教員をしている溝口広久さんが、いままでパソコンの授業で生徒たちに教えてきた経験をもとに、あれこれエッセー風につづる小学生編。2002年12月号から03年7月号まで。

[1]小学生編・第 1 話 〜 8 話までのイラスト。 [2]生涯学習者編へ→



2002年
12月号
●第1回目

10/24発売




制作10/04
MacFanビギナーズイラスト
●第1話「Macの楽しさを"伝える"はじめの一歩」
●内 容/まずは、子供たちが初めてパソコンを触る時の様子や、溝口さんがどんな風に子供達に自由に触らせ、どんなルールで教えているか。そんなコトが紹介。

表紙と掲載ページ



2003年
1月号
●第2回目

11/24発売




制作10/31
MacFanビギナーズイラスト
●第2話「マウスを制すば、Macは愉し」
●内 容/パソコンを触り始めると、だいたい最初に親しくなるマウス。子供たちにはまず自由に触らせて、それをフォローしているというコトや、そしてその時のポイントは何かを紹介。

表紙と掲載ページ



2003年
2月号
●第3回目

12/24発売




制作11/28
MacFanビギナーズイラスト
●第3話「なんだ坂、こんな坂! タイビング」
●内 容/比較的親しみやすいマウスに比べて、キーボードの扱いはちょっとした険しい山。 子供たちにいかに楽しませながら上達させるか。その時のあの手この手の方法や、子供たちの様子などを紹介。

表紙と掲載ページ



2003年
3月号
●第4回目

1/24発売




制作1/6
MacFanビギナーズイラスト
●第4話「Mac自由自在への道」
●内 容/Macの扱いが少し上達したら、マウスとキーボードの二刀流の伝授。 その時の子供たちの反応やとまどい、そこでMacの気心をつかんでほしいという思いや、「作り出す時に何が大切なのか」という筆者の感じるコトを紹介。

表紙と掲載ページ



2003年
4月号
●第5回目

2/24発売




制作1/29
MacFanビギナーズイラスト
●第5話「理を語ってあげる時間」
●内 容/いよいよネットデビューを体験するコドモたち。 始めてアクセス用のパスワードをもらった時の、 そして始めてメールを送るという体験をした時の様子、 そして「まずは慣れることから」という筆者の姿勢を紹介。

表紙と掲載ページ



2003年
5月号
●第6回目

3/24発売




制作3/4
MacFanビギナーズイラスト
●第6話「蒼林檎たちのネットデビュー(その1)」
●内 容/いよいよネットデビューを体験するコドモたち。 始めてアクセス用のパスワードをもらった時の、 そして始めてメールを送るという体験をした時の様子、 そして「まずは慣れることから」という筆者の姿勢を紹介。

表紙と掲載ページ



2003年
6月号
●第7回目

4/24発売




制作3/31
MacFanビギナーズイラスト
●第7話「蒼林檎たちのネットデビュー(その2)」
●内 容/インターネットでのメールのやりとりを憶えた子供たち。そのときの子供たちの様子や、やってしまうアレコレ、そして初心とマナーとおもいやりを忘れずにいてほしい、という筆者の思いなどを紹介。

表紙と掲載ページ



2003年
7月号
●第8回目

5/24発売




制作5/1
MacFanビギナーズイラスト
●第8話(最終話)「子供たちはMacで何をするか」
●内 容/小学生編の最終話。6年生になった子供たちのMacに対する様子や、もともと、学校にMacを導入するに至ったエピソード、そして、本当に子供たちに必要な環境とは?という思いなどを紹介。

表紙と掲載ページ


[2]生涯学習者編へ→

 ※表紙や中面のページの写真は、「MacFanビギナーズ」編集部の許可を得て掲載させていただいています。

<<メニューにもどる