←もどる ※このスタイルが、2003年までの「いいまでのひとこと」の基本レイアウトでした。(フレーム分割の時期もアリ)
 今いるところ 「なごむアトリエ」タイトルページ神戸のほほんなごみ通信このページ

いままでのひとこと
1998年〜2000年

 


98.12/6
人間の最大の悪は「鈍感」である。

と、前にTVで野村監督が言っていました。
うーん。そうかもしれないなぁ。
[※数年後解説※] 野村監督とは、このころプロ野球の阪神タイガースに就任したばかりの監督です。
かなり期待をされていたのですが、優勝はかないませんでした。いろんな騒動の末に退団しました。





98.11/15
便利ってなんていそがしいんだ。

パソコン・インターネット・電話・ファックス・CATV。
便利なものが増えるほどやたらと忙しくなるのはなぜなんだ、
と、ある日思った言葉。





98.12/21
あぁ、いそがしい。でも少し充実。

ただいまハルツの次回発売作「未発表1993」の 制作にはいっています。
[※数年後解説※] 結局、この作品「未発表1993」が、スタジオハルツとしての最後の作品でした。





99.2/8
コンピューターってなんか時間が早く過ぎませんか?

どうも前から思ってたのだけれど、 コンピューターをしていると時間が早くたつ気がする。
手描きの絵なんかとくらべてもぜんぜん。何故なんだろう。





99.2/17
マンネリではなく、ベテランになろう

最近、友人の西田氏がメールで書いていた言葉で、お気に入り。
そう、人間関係でも仕事でも、何年も同じ事をしていると、つい小さくても大切な事をおざなりにしてしまう。
でもそれはカッコ悪い。このくらいトーゼンよなんて感じに、カッコよくベテランになりたいな。





99.4/3
あぁ、風邪が完治しない

3月中ごろからひいている風邪がまだ尾をひいていて、鼻グスグスのどゴホゴホ。
「花粉症になったのと違う?」という人もいるが断固としてちがう。
「花粉症?」と思ったらとたんに花粉症になってしまいそうだから、断固として違う。違う違う。





99.4/25
大事なのは推進力

「ふっ」と思い付くのはだれでも出来るのだけれど、
やっぱり大切なのは前へ前へちょっとでも進もうとする推進力なのではないかなぁ、
とふと思いました。





99.5/4
「丸い目の新幹線」。今年でなくなるの知ってましたか?

東海道新幹線の0系が、今年いっぱいで姿を消すそうです
今「こだま」として走っている、あの初代の丸い目のコですね。
なんかいちばん人間っぽくてよかったのに。とにかくお疲れさま。





99.6/15
突然、プリンターが故障!! あちゃちゃー。

12日に突然プリンターが故障。前からアヤシイ感じだったのですが、突然パッタリと動かなく
なってしまいました。やむなく修理にだしました。レターセットほぼ準備ができていたので
すが、ストックが不十分なので、販売までもう少しかかります。まっていてください。





99.6/24
プリンターが帰ってきましたー。

突然故障をして、修理にだしていたプリンターが帰ってきました。
おもったより修理費が安くて、ありがとうございました、ヒューレットパッカード社さま。
[※数年後解説※] このプリンターは2001年まで活躍し、2002年に処分となりました。





99.7/1
世紀末世紀末っていうけど、スグに世紀初頭がくるんでしょ?

なにかというと「世紀末」って言って悪い方に考えるけれど、すぐに世紀初頭になるんでしょ?
するとみんな「世紀末」なんて忘れてしまうんでしょ? 100年ほど前だって「世紀末」があったけれど、
なんとかみんな生き延びてきたじゃない。「自ら亡びる、やってはいけないコト」さえしなければ、
ダイジョブ、ダイジョブ。そう思いません?
[※数年後解説※] 結局、1999年末、予言の「恐怖の大王」が天から降ってくることもなく、
無事年を越えました。





99.7/6
本日、七夕・イヴ。また歳をひとつ重ねました。

数十数年前の今日、この地球にオギャァと生まれました。
と言うわけで、今日はいつもよりも多めに更新。
世界中の7/6日生まれのみんな、おめでとう。





99.7/12
月はだんだんと少しづつ、遠ざかっているそうです。

このあいだ初めて知りました。月はちょっとずつ遠ざかっているらしいですね。たしか年に3cmだったかな。
いつか離れていって、なくなってしまうとしたら、地球に多大な影響を与えるらしいですね。
でも、それもさることながら、もし、月がなくなってしまったら「月見うどん」はどうなるのだろう。
まだまだ先かな。





99.8/19
学生時代の友人は、やっぱりいいなぁ。

ネットにつなぐと、大学時代の友人のオオニシからメールが来ていた。「ホームページみたぞ」と。 ビックリした。夕方電話がかかってきた。どうやら同じく大学友人ナカトーにURLを聞いたしい。 会社でインターネットを始めたという。「さすがプロじゃなぁ」なんててほめてくれる。ウレシイ。
「ナカトーもコンピューター買ったらしい」との情報を教えてくれたので、すぐさまナカトーにも 電話。ウインドウズマシンのノート型を買ったらしい。いろいろ作品を見てくれたとのこと。ウレシイ。
なんだか気分がハードワークだったこのごろ。とてもほっこり。ウキウキしてしまった。神戸・愛媛・ 岡山の3地点を情報が飛びかった本日。パーソナルコンピューティングの波はどんどん広がっている。 オオニシ! 見てくれてありがとう。ナカトー! インターネットつながった?





99.10/1
シロはホントに「シロ」でした。

「最近の半径1km以内」に頻繁に登場している近所の犬、「シロ」。
実は、定かではなかったのですが、勝手に「シロ」とよんでいました。
で、このあいだ、その家の方がいたので、「名前はシロちゃんですか?」
と尋ねたら、「はい、シロなんですよ」と教えてくれました。
シロよ、キミはやっぱり「シロ」だったのだね。
[※数年後解説※] その後のシロに関しては、数年後のここのコーナーで書いています。





99.10/7
「尿道結石」なのでした。

昨日の朝、突然の腹痛と腰痛。しばらく辛抱していたけれどたまらなくて病院へ。 診察の結果「尿道結石」とのこと。痛み止めと点滴で病院のペットでうんうん3時間。 ようやくおさまって再検尿したら、かたまりがコロン。
いまはもうなんともないのですが、ほんとに昨日は痛かったイタかったぁぁぁ。 みなさんも、日ごろからの体つくりを、よかったら、少しはしましょう。はい。





99.10/31
なぜ歳をとるごとに、1日が(時間が)短く感じるようになるのか。

歳をとるごとに、時間は早くなる気がしますよね。
「生まれて2日目の赤ちゃんの1日は、生きてきた全体の2分の1。
だから1日の長さは長く感じる。10才の子供の1日は3650分の1。30才なら10950分の1。
全体から見て1日の割合が短くなっていくから、時間が早く感じる」
そういう説があるそうです。科学的根拠はまだないそうですが、なんかいいですね。





99.11/21
きっとある、携帯電話の墓場。
こんなんでいいのかなぁ。

ここ数年で「あ」という間に普及した携帯電話やPHS。
新しい機種がどんどん出て、みんなどんどん買い換える。
さて、古くなった携帯はいったい何処へいくのだろう。
きっとどこかに「携帯電話墓場」があるのだな。ドカッと山のように積まれていて。
夜中にどこからともなく着信音が「るるるるる」と鳴っている。こわー。
買う方には罪はないかもしれない。でもこんなんでいいのだろうか?
[※数年後解説※] これは1999年当時の想像です。今は、きっと企業さんたちは、
ちゃんとしていただいているですよね?ですよね?ですよね?





99.12/6
正式オープンからまる1年です。ありがとう。

去年の本日、この「なごむアトリエ」を正式オープンしました。
そう、1周年なのです。何か「プレゼント」とか用意しようかともおもったのですが、
まぁ、1年目はひっそりと祝いたいと思います。
(何かイベントは、またそのうち別の機会でやりたいと思ってます)
ずっと見てくれているみなさん。最近気に入ってくれた皆さん、
メールをくれた人達。ちいちゃな声で、「ありがとう」。満1歳。





99.12/8
今日は、ジョン・レノンの命日です。

ずっと、昔、ジョン・レノンが大好きでした(もちろん今も)。
そのジョン・レノンが、19年前の今日、凶弾に撃たれました。
当時、僕は大学生で、しばらく黒い服着てすごしたものです。
ジョン・レノンが生きていたら、今の世の中をどう歌うのだろう。
とにかく、ジョン・レノンの魂よ永遠に、なのです。





99.12/10
2000年問題はあるのか?

酒屋に行くと、ミネラルウォーターが積んである。何故?と聞くと、2000年問題で
元日から何か起こるかもしれないから、それに備えて買いにくる人が多いそうだ。
「大丈夫じゃないかなぁ」と僕は思う。水くらい前日から溜めておけばいいではないか。
でも、もし仮にあったとしても、「なんとかなるって」と思うのだ。
普段は対応がめちゃくちゃ遅いくせに、非常時には結構がんばって、
復興のスピードはやたらと早いんだから、ニッポンは。
震災の時もそうだったもの。心配ばかりしていると円形ハゲができてしまうゾ。
それに、ニンゲン、その気になれば自力で生き延びれるよ。
ところで、ウチのパソコン自体はおそらく「2000年問題」は関係ないだろう。
でも、そろそろ使いはじめて7年。そろそろトラブルの1つや2つ起こってもおかしくない。
そう、だから、
「2000年問題」はないと思うけれど、「2000年に問題」はあるかもなぁ。
[※数年後解説※] 結局、ヨノナカが揺らぐような大きな問題もなく、2000年はやってきました。
さて、この時ウチのメインで使っていてパソコン、「2000年に問題」はなかったですが、
2001年から問題がおこりはじめ、2002年には動かなくなってしまったのでした。





00.4/11
一本で咲いているサクラは、カッコイイ。

今日ラジオで、DJの女性も言っていたのだけれど、一本で咲いているサクラはなんだかカッコイイ。 僕もそう思う。 もちろん、何本も群れになってドカーッと広がって咲いているのもキレイだけれど、 1本できりっと勝負しているサクラは、カッコイイなぁ、と思うのです。 そして目だっている。そんな風にありたいなぁ。
                      




00.6/21
「知っている」と「解っている」は違うんです。

MさんのHPにも書いてあったのですが、知識や情報だけで「知っている」というのと、
労力と時間と心を使った結果として本質を「解ってる」というのは、違いますよね。
こう書けばよくわかる。
「課長は彼女の事をいろいろと知っている」=なんだか、知って欲しくないことまで
ねほりはほり知られているような気がします。
彼女がほんとにどう思ってるかは解ってないかもしれないですね。
「係長は彼女の事をいろいろと解っている」=カッコイイなぁ、係長。
いざという時は守ってくれそうです。なんでも相談できそうです。
知っているだけなのに「解ったつもり」になるのはちょっとキケン。
でも、そのへんの所、解っていない人、結構知ってます。良く言われてる言葉なのになぁ。 どうして?





00.7/14
モニターが「プツッ」と、ダウンしたのです。

なんだか、ニュースや新聞をみていると、 「食品会社」のこととか「百貨店」の事とかそんなこと書きたくてウズウズしましたが、 健全なキモチでいたいから、やめました。 それよりも、個人的に大きなできごと。 今日、メインで長いあいだ(約7年)使ってきたモニタが、「プッ」と真っ暗になったきり、そのまま眠ってしまいました。 もう1台のかりもののマシンのモニタを今は代用してます。
こんな時、「なんじゃ、ハラたつ!」と怒ればいいのでしょうか? ボクは何故かそれが出来なくて、 「長いあいだありがとう。いろんな作品、手伝ってくれてありがとう」のキモチです。
よくがんばったなぁ、アイツもほんと。 結局のところ、そういう他への思いやりのモンダイなのではないかなぁ?そんな気が、ふとしました。 さて、モニタをなんとかしよう。
[※数年後解説※] 結局そのあと、メインのマシンと借り物のマシンを、
切り替えアダプターを使って2台で1つのモニターを使う、ということを数年していました。





00.9/24
ワレワレは宇宙人だ。

ふっとこんな事考えました。僕は神戸にいるので「神戸人」。神戸は関西だから「関西人」。
そんでもって日本なのだから「日本人」。
それから、みんな忘れてるかもしれないけど、日本はアジアなので「アジア人」。
でさらに大きく見ると、地球にいるから「地球人」。
と言うことは、地球は宇宙に浮かんでいるので、すなわち僕は、そうか、「宇宙人」ですね。
おお、これは意外だった。そうか、僕は「宇宙人」だったんだ。知らなかった。
それならば、エイリアンとは同じ「宇宙人」同士だから、仲よくしなければ。
でも、同じ地球人同士でも仲よくできなかったりするのだから、ムリかもしれないのである。





00.10/27
ナンバーワンではなく、オンリーワン。

新聞で読んだのだけれど、多可郡加美町というところが町を「笑いの町」にしようとしているらしい。 いわゆる、いままでのお金をかけて立派な建物やキンキラキンなものを作って村おこししようというような、 やり方とはちょっと違った発想らしい。
その委員会のキャッチフレーズの1つがこの「ナンバーワンではなくオンリーワン」。
つまり「競争ではなく、ここにしかない何か」を目指しているそうだ。 そうよなぁ。これからはそっちがいいなぁ。 個人的にも、「すぐに他と比べてエライやろとお山の大将になる人」よりも、 「黙っていても自分はこうなんですというのを自然に感じる人」の方がステキよなぁ。
なんて、そんな事おもったのでした。
[※数年後解説※] ♪ナンバーワンにはならなくていい〜....オンリーワン♪
という歌が流行ったのは、この3年後です。うーん、エライ、多可郡加美町。





00.12/6
時間と空間。

もう2年なんです。この「なごむアトリエ」を初めて。それを機にサーバー移動をするために、
ファイルを整理作業をしたのだけれど、改めて自分でほぼ全てのページを見る事になりました。
で、思ったのは、この「なごむアトリエ」というのは、テーマは「なごむ」ものなのだけれど、
その向こう側に「時間と空間」というテーマがあるのだなぁ、と、
前々からちょっとそう思ってたけれどやっぱりそうだなぁ、と、勝手に自分で思ったのでした。





00.12/26
ケータイ電話は便利だ。

と言っても、僕は携帯電話もPHSも持っていません。しかし、回りの人間がほとんど持っている ので、待ち合わせで遅れそうになったらきっとつかまる。相手が自宅にいなくてもきっと捕まる。
逆に、僕はつかまりたくなければ、部屋を出てしまえば、絶対につかまらない。
心おきなくボーッと出来る。うーん。これは、タイヘン便利なヨノナカになったものです。





         以上、1998〜2000年のひとことでした。


 


 もどる このページ神戸のほほんなごみ通信「なごむアトリエ」タイトルページ
←もどる