もどる: このページいままでのスペシャル
最近のスペシャル ('05.12/31)
●週刊「サンデー毎日」のエッセイ「グドンの穴」の挿絵描いてました●
2005年10〜12月までの3ヶ月、週刊「サンデー毎日」に挿絵を描いていました。

8月の終わりころに「サンデー毎日」の編集部のYさんから、依頼のメールをいただきました。 このエッセイのイラストを描くイラストレーターを探して、ネットをアチコチみていて、 「なごむアトリエ」にたどりついたとのことで、特に「右手は動く絵をのこす」のコーナーがイメージとしてぴったりだったとのことでした。

その「右手は動く絵をのこす」のコーナーは、描いていて気持ちのいい、 そして、自分の素(す)に近い状態でリラックスして「描きたいから描いていた」ところなので、 とてもウレシイ依頼でした。

そんな感じで始まった「グドンの穴」の挿絵。毎回、ホントに楽しく描かせてもらいました。 また、「右手は動く絵をのこす」と同じように「水性ペン+クロッキーノート」で描くということが、 非常に心地よくて。あと、自分自身の絵に対して、いろいろと発見もあったりで。

当初の予定よりも早く、12月一杯で終了してしまいましたが、なんだか悔いもなくキモチ良く終われて、 佐野本人にとってもヨイ3ヶ月でした。

そして、ずっと、または時々、サンデー毎日を開いて見たりしてくれていた方々には、ホント感謝です。ありがとうございました。

「グドンの穴」13回分のイラスト、すべてを「なごむプレゼンテーション」のコーナーに載せました。 下のリンクからどうぞ。

もどる: このページいままでのスペシャル